日経メッセ > JAPAN SHOP > あきがわ木工連

出展者情報

あきがわ木工連

「東京の木、多摩産材」を利用した家具や什器類の施設例、素材、サンプルなどを展示し、東京の木材利用促進に対応した活動を紹介する。

企業情報

担当部署 事務局
住所 〒190-0163
東京都 あきる野市舘谷223-10
電話番号 042-519-9343
e-mail info@mokkouren.com
URL http://www.mokkouren.com/
英文社名 AKIGAWA WOODWORKING FEDERATION
Made in TOKYO.Made for TOKYO.多摩産材。
あきがわ木工連は多摩産材の利用拡大を目指している。
幼稚園、保育園などの家具から施設系什器などの企画〜製作をしている。

事業内容

大都会東京にも、その敷地面積約4割の森林があります。
山の木はいま、植樹から60年経って伐採に適した時期を迎えています。
しかし木材需要は外国産材に押され、費用のかかる山の管理や伐採ができずにいるのが現状です。
東京の空気を浄化し、二酸化炭素を固定化しながら、都民の水源としての多摩の山を守るためには、木を現代の都民の暮らしのなかへとデザインし上手に利用することで、 しっかりと山へ還元していくことが大切なことです。

東京でつくる、つなぐ、つかう。

あきがわ木工連では、多摩産材の利用拡大を目的とし、地域の木工業を軸とした活動を続けています。
多摩の木にこだわり、地域の技術にこだわってつくり、山と街、職人とユーザー、物とストーリーをつなぎ、そして今、東京で暮らす人に良いものをながくつかってもらえる創造活動をしていきます。