エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

ライティング・フェア

2019年3月5日(火)〜8日(金) 2019/03/05〜08 東京ビッグサイト
日経メッセ > ライティング・フェア > 日本照明委員会

出展者情報

日本照明委員会

小間番号 : LF1058
「光と照明」に関する国際機関である国際照明委員会(CIE)と日本代表組織である日本照明委員会(JCIE)、さらに、2013年にISOに新設された「ISO/TC274 光と照明」の活動を紹介すると共に、関連規格及び技術報告書を販売する。

出展内容の分類

企業情報

担当部署 事務局
住所 〒101-0048
東京都 千代田区神田司町2-8-4 吹田屋ビル3F
電話番号 03-5294-7200
e-mail ciejapan@mb.infoweb.ne.jp
URL http://www.ciejapan.or.jp/
英文社名 JAPANESE NATIONAL COMMITTEE OF CIE
「光と照明」に関する国際規格作成事業は日本照明委員会が取り組んでいます。

事業内容

日本照明委員会は、大正11年(1922年)に設立され、国際照明委員会(CIE)の日本代表組織として「光と照明」に関するあらゆる事項についての国際標準化及び技術調査研究活動を実施している。また、ISOに2013年に新設された「ISO/TC274 光と照明」の国内審議団体としても活動している。
CIEの活動成果の代表例は、「明るさ」や「色」の数値化(表色系)である。照明の黎明期に、明るさの基盤となる人間の分光視感効率を規格化し、これにより心理物理量である光度(カンデラ)をはじめとする照度(ルクス)などの測光単位を作り出した。また、等色関数を制定し、XYZ表色系等を規格化した。これらは広く様々な分野で使用され、「光の時代」である現代社会を支えている。
CIEで策定された規格は、ISO/TC274やIECに送付されてISO規格やIEC規格となり、JIS規格などの各国国内規格や地域規格に反映される。屋内作業場の照明基準(JIS Z9125)や光源及び光源装置の光生物学的安全性評価規格(JIS C7550)などは、その代表例である。なお、これらの国際規格であるCIE規格(CIE S008およびCIE S009)は改正作業が行われており、将来的にはJISに反映される予定である。
CIEは、低炭素社会実現のための切り札の1つとして急速に普及が進んでいる照明のLED化に関連する光計測・照明・色評価技術の開発など様々な取り組みを実施している。日本照明委員会は、これらのCIE活動及びISO/TC274活動を積極的に推進する。