出展者情報

サインポスト

人手不足・レジ待ちを解決するAI搭載画像認識レジを展示。ワンダーレジは、コンビニや購入点数の少ない店舗向けに、数点の商品をレジ台に置いただけでスピーディに会計可能なレジ。スーパーワンダーレジは、棚から取った商品を都度認識することで、出口でレジ待ちすることなく会計可能なレジ。体験スペースにて、ワンダーレジとスーパーワンダーレジを使った買い物体験が可能。

共同出展者

企業情報

担当部署 イノベーション事業部
住所 〒103-0023
東京都 中央区日本橋本町4-12-20 PMO日本橋本町6F
電話番号 03-5652-6031
e-mail wonder@signpost1.com
URL https://signpost1.com/
英文社名 SIGNPOST
RFIDタグや入店用アカウントは不要。どんなお客様でもご利用可能な画像認識レジ。
【ワンダーレジ利用シーン】平成29年7月から、電気通信大学生協にてワンダーレジの実証確認している様子。
【スーパーワンダーレジ利用イメージ】平成29年11月下旬に、大宮駅にて一般のお客様に体験いただくイベントを実施。

事業内容

サインポストは、「お客様のIT部門の一員」として、お客様の経営・業務課題を解決するためにIT技術を活用し、コンサルティング事業、ソリューション事業、イノベーション事業の3つの事業を展開している。
イノベーション事業では、世界中のレジ待ちとレジ店員の人手不足を解消するため、「ワンダーレジ」(レジ開発済、今後量産化)、「スーパーワンダーレジ」(開発中)の製品化に向けて取り組んでいる。

以下概要を紹介。

【ワンダーレジ(設置型AIレジ)】
商品のパッケージや文字などの自動認識により、バーコードやタグに頼ることなく、ワンダーレジに商品を並べるだけで精算ができるレジシステム。商品そのものを認識する当AI技術は、バーコードの無い生鮮食品なども認識できる点、またタグのコストやタグを商品に貼る人手が不要である点に優位性がある。

【スーパーワンダーレジ(完全スルー型レジシステム)】
ワンダーレジに搭載している技術を発展させ、買い物客が店舗内でカートやカゴに購入する商品を出し入れする時に都度自動で精算し、決済ゲートを通過する際にICキャッシュカードや現金などの支払い方法を選択し、その場で決済を完了させるレジシステム。買い物客のレジ待ちを解消するとともに、従来のレジシステムやレジ要員を必要としない画期的な仕組み。