日経メッセ > リテールテックJAPAN > 軽減税率対策補助金コーナー

出展者情報

軽減税率対策補助金コーナー

2019年10月に始まる軽減税率制度の準備として、レジや受発注システムの改修・入替の費用の一部を補助する「軽減税率対策補助金」が創設されている。この補助金は、飲食料品を取り扱う小売業・卸売業等の中小企業・小規模事業者が対象となっている。このコーナーでは事業者の皆様が知っておきたい軽減税率制度や補助金について紹介および相談対応を行う。

出展内容の分類

企業情報

担当部署 中小企業基盤整備機構 経営支援部 消費税軽減税率対策費補助金統括室
住所 〒105-8453
東京都 港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル
電話番号 03-5470-1186
e-mail keigen-hojyo@smrj.go.jp
URL http://kzt-hojo.jp/
英文社名 ORGANIZATION FOR SMALL & MEDIUM ENTERPRISES AND REGIONAL INNOVATION, JAPAN
「軽減税率対策補助金」に関するご相談に応じます

事業内容

中小企業基盤整備機構(中小機構)は、国の中小企業政策の中核的な実施機関として、経営相談、専門家派遣、人材育成、情報提供、資金提供など起業・創業期から成長期、成熟期に至るまで、中小企業の成長ステージに合わせた幅広い支援メニューを提供している。

今回の出展では、飲食料品を取り扱う小売業・卸売業等の事業者を対象とした「軽減税率対策補助金」の紹介および相談の対応を行う。本補助金は、2019年10月から始まる消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる中小企業・小規模事業者等に対して、複数税率対応レジの導入や改修、受発注システムの改修等に要する経費の一部を補助することにより、軽減税率制度のへの準備が円滑に進むよう支援する制度である。

複数税率対応レジの導入・改修を支援するA型と、受発注システムの改修・入替を支援するB型の2つの申請類型から構成されている。

会場では小売業や卸売業の中小企業・小規模事業者等の皆様が知っておきたい軽減税率制度のポイントや補助金の内容や申請方法などの紹介や相談に対応するとともに、レジや受発注システムを導入する販売事業者の皆様の疑問や相談にお答えする。