エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

リテールテックJAPAN

2023年2月28日(火)〜3月3日(金) 2023/02/28〜03/03 東京ビッグサイト
日経メッセ > リテールテックJAPAN > タグジャパン

出展者情報

タグジャパン

小間番号 : RT1619
作業に旋風 作業集約™のオペレーションをDX化 単なる作業割・シフトの自動化ではない。小売流通・サービス・スポーツ施設・ホテル旅館・生産工場・BPOなど様々な労働集約型な企業向け、作業集約の運営を作業スケジューリングのシステムでDX化する。これからのDX・作業集約化とは作業をまとめたり、専門的にして装置や要員を共有化すること。作業体制や作業効率をシンプル化し、作業改革をするシステム幹部の右腕

企業情報

担当部署 営業部
住所 〒331-0814
埼玉県 さいたま市北区東大成町1-497 MJ赤柴ビル4F
電話番号 048-615-1011
e-mail welcome@tagjapan.jp
URL http://tagjapan.jp/
英文社名 TAGJAPAN
作業改革は現状を分析して、作業集約DXをシステムが運営計画し大幅な作業改革になる
全ての操作が右クリックだけで完結する為直観的に操作できます!作業割の精度技術でシフト自動化性能、他社とは異なる手直し不要
右クリックだけで完結する為、直観的に操作!作業改革を目的に作業の集約DXを実現する各種機能は弊社独自の技術。特許出願中

事業内容

マンアワーM/H=人時工数™を指標に作業割表、作業スケジューリングを中心に、複雑な勤務シフト表を高度な性能による自動化を特徴に運営しています。

作業割表のレイバースケジュールは、作業に対して要員を割当てますが、時間帯作業に対して割当をすると要員の勤務時間帯に空き時間を作らずに割り当てることが不可能になります。これは、レイバースケジュールの概念が必要な作業に対して割当てることに起因しています。

他社のツールは上記のことと自動化性能の悪化から一度作った自動化の後に、手直しの修正が必須になり新たな属人化を誘発しています。

日本の雇用契約は諸外国とは異なり、キャリアは経験に比例して能力が向上します。長く経験することで熟練度は高まります。日本型レイバースケジュールは雇用契約の多様化な働き方を受入れ、業務のモデル化を設計することが重要になります。

単に、出勤者に対して、属人的に作業を割当てるのではなく、マンアワーM/H=人時工数™の指標を基準に生産性向上を意図した出勤計画・作業スケジューリングの作業割表を自動化します。特に、現場に自動化した後の手直し修正を極力なくし、大幅な時間短縮と現場作業フローの平準化及び標準化が図れます。

更にこの度、システムを導入して、作業体制や作業効率をシンプル化することをコンセプトに新しい機能を追加しました。

一例になりますが、スーパーマーケット業では小売業の特徴の「品出し作業」は必須になります。現状の企業の多くは、グロッサリー、日配、総菜、生鮮部門など部門別に品出し作業をしています。この作業を作業集約することができれば、作業改革ができます。

作業をまとめたり、専門的にして装置や要員を共有化することで生産性が向上し、作業効率を高めることができる、作業集約DXをシステムを導入することで実現ができます。

他業態でも一人一人が単独で作業をすることが多いかと思います。いかに作業をまとめるかまたは、専門的にするかで作業集約をすることができます。マルチ化も作業集約になります。

大手企業では、グループ会社の人事部門などの業務を集約するシェアードサービスがあります。人事業務を集約することです。作業の集約にも参考になるのではないでしょうか。

幹部の右腕人時管理統合化シリーズでは、作業集約DXの各種機能を独自に開発し、時間帯作業に対して、全自動で出勤者に対して空き時間を中心に割当てる日本型レイバースケジュールとも言える機能を開発しました。

この機能で自動作業スケジューリングを作業集約DXとして平準化・標準化のモデリングフローを達成することにより、作業生産性や作業効率を高め、スケジューリングは現場に手直しの大幅な削減をし、属人化を排除することができます。(特許出願中)

■現場ノウハウを顕在化する「幹部の右腕・人時工数Ⓣ統合シリーズ」の開発及び販売
レイバースケジュール(LSP)、ワークスケジュール、シフト表、作業割当表、スマホ、携帯電話対応

■勤怠管理システム
IC打刻、出勤簿表、有給管理、申請・承認ワークフロー(スマホ、タブレット:スタッフ用・管理者用)

■マイカー通勤管理システム
SM・量販店郊外向け、アラートメール、検索機能

■タイムキーパー
作業実績を取集することで作業日報の自動化及びマンアワーM/H=人時工数™、REの人別、部門別、店舗別を自動集計します。
作業指示もスマホなどIOTデバイスでフロー化します。(特許出願中)

プライバシーポリシー