エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

リテールテックJAPAN

2022年3月1日(火)〜4日(金) 2022/03/01〜04 東京ビッグサイト
日経メッセ > リテールテックJAPAN > ID TECH

出展者情報

ID TECH

小間番号 : RT1238
モバイル、カウンタートップ、セルフサービス端末などに最適な、最新のEMVおよびPCI認証の決済端末製品を展示。そのほか、日本の実績と製品へのカスタマイズ能力に関する専門知識の共有。

企業情報

担当部署
住所
海外 32F, 1080 Zhongzheng Road, Taoyuan District, Taoyuan, 330 Taiwan
電話番号 080-8427-3276
e-mail charlene.chang@idtechproducts.com
URL https://idtechproducts.com/
英文社名 ID TECH
セキュアなクレジット決済を実現するための製品からモジュールまで多数展示
VP5300Mは PCI 5.x SRED認証、Dual Head 磁気リーダで、EMV Level 1&2サポート
VP6800はオールインワンの自動機向けPCI-PTS 5.x認証のカードリーダ

事業内容

ID TECHは、磁気ストライプ、EMV コンタクト、およびEMVコンタクトレスの専門知識により、1985年以来、決済関連機器のプロバイダーとして業界にて確固たる評価を確立してきた。また、お客様のニーズに合わせて製品をカスタマイズするOEMのソリューションプロバイダーでもある。カードリーダーに基づいた基盤と継続的な成功により、ID TECHは進化し続け、現在決済業界にてその範囲を拡大している。

決済のデマンドは常に変化されている。決済のセキュリティ要件はますます厳しくなり、新しい決済の技術が出現し、EMV決済は世界標準となっている。決済の複雑さが増すにつれて、ユーザーはより単純、より簡単な解決策を探している。 ID TECHは、完全な決済ソリューションを提供することにより、これらの決済の複雑さをシンプル化し、解決している。これは、ID TECHの現在の製品シリーズとロードマップの両方に反映されている。ロードマップには、すべての製品ファミリに共通するコアプラットフォームを中心に開発された決済アプリケーションをホストできる決済デバイスの戦略的方向性が含まれている。
シンプル化と柔軟性を念頭に置き、ID TECHのプラットフォーム設計の構成は、EMVやアプリケーション開発、キーインジェクション、構成、不動産管理などの導入前および導入後のサービスを含む、あらゆる角度から単一へ統合された。

ソーシャルメディア

Facebook