日経メッセ > リテールテックJAPAN > ソフネットジャパン

出展者情報

ソフネットジャパン

本格的な広告コンテンツを抜群のコストパフォーマンスで手軽に発信できる完全クラウド型デジタルサイネージ配信ソリューション「サイバーサイネージ」の運用デモンストレーションを実演。
更に、話題の超小型プレイヤー(スティック型新モデルとボックス型)やバス車両内モデルも併せて展示する。

企業情報

担当部署 営業本部 東京営業部
住所 〒105-0012
東京都 港区芝大門2-4-8 メビウスビル5F
電話番号 03-3578-6122
e-mail sjinfo@sofnetjapan.com
URL http://www.sofnetjapan.com/
英文社名 SOFNETJAPAN
クラウド型デジタルサイネージ配信ソリューションを驚きのコストパフォーマンスで実現
完全クラウド型でインターネット接続するだけで世界中のデジタルサイネージ運用が可能に! ハードに依存しない機器選定を実現!
店舗にデジタルサイネージを導入し、設置前・設置後の3ヶ月比較で約4倍の増収効果という実績、お店のイメージアップにも!

事業内容

ソフネットジャパン株式会社は、インターネット端末「サイバープチ(ロビーPC・お部屋PC)」を業界に先駆けて開発し、情報化社会の発展に貢献する企業として、全国のホテルや公共施設・ターミナルなどに広く設置展開。
全国約4000台と、業界TOPクラスの実績を誇る。

ソフネットジャパンでは、今までのサイネージシステムをすべて置き去りにする、画期的な新時代のデジタルサイネージ配信ソリューション「サイバーサイネージ」を提供する。

『従来デジタルサイネージの現状(=高価・面倒・不自由)』
これまでのデジタルサイネージ(特に配信型システム)は、高価な専用機器・専用回線・専用ソフトなどが必要で、初期導入費用も維持費用も高額になるため、効果があることは分かっていても、一部の大企業以外では中々手を出しにくいのが現状であった。
また、逆に価格を安価に済ませようとすると、表示させるコンテンツをUSBメモリなどに保存してサイネージ端末に差し込んだり、DVDの情報を流しっぱなしにするなど、運用に手間・人件費などがかかる上、情報をタイムリーに提供しづらいという状況である。

「サイバーサイネージ」はこれらのコストや手間の垣根を取り払い、大企業から街角の商店まで、誰もが思いついたその日から電子広告(電子看板)=デジタルサイネージを簡単に利用できるよう構築された画期的ソリューションである。

『サイバーサイネージの特長』
サイバーサイネージは、フルハイビジョン動画に対応した本格的な電子広告コンテンツの制作から配信までを、ブラウザー上でのマウスのドラッグ&ドロップの簡単な操作でできる、完全クラウド型のデジタルサイネージシステムである。

●クラウドコンピューティングで低コストを実現。
手持ちのパソコンとごく普通のインターネット環境さえあればすぐにデジタルサイネージの運用が可能。
●サイネージの制作・配信運用は自由自在。
いつでもどこでもどなたでも運用ができるので、制作外注など業務のコラボレーションで人的効率が図れる。
●マウスでの簡単操作で本格コンテンツ制作が可能。
●サイネージ端末はどんなタイプでもOK。
屋外型の大型サイネージ端末から、床置き・卓上型・壁掛け・ノートパソコンなど。また、iPadやAndroidタブレットPCにも対応。 ハードの選定は自由。
また、HDMI接続でお手持ちの液晶モニターやTVなどの表示機器に接続し、デジタルサイネージの超小型プレイヤー装置として利用できる「CYBER Stick(サイバースティック)」と「サイバーBOX」を発売中。

様々な活用ニーズに応じたラインナップを展開中。

ソーシャルメディア

Facebook