エコプロ2021
SDGs Week EXPO for Business 2021
エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

SDGs Week EXPO for Business

2021年12月8日(水)〜10日(金) 2021/12/08〜10 東京ビッグサイト 東1ホール
日経メッセ > SDGs Week EXPO for Business > UPDATER

出展者情報

UPDATER

小間番号 : S-012
みんな電力を手掛ける株式会社UPDATERの新事業【みんなエアー】
”みんなの力で世界の空気をアップデート”をキーワードに、あなたの空間を最適な状態にする為の様々なソリューションを展示します

企業情報

担当部署 新事業推進部 みんなエアーチーム
住所 〒154-0024
東京都 世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル8F
電話番号 03-6805-2228
e-mail minnaair@minden.co.jp
URL https://minnaair.com/
英文社名 UPDATER
with コロナ・after コロナ そしてウェルビーイングへ
屋内のCO2やpm2.5、揮発性ガスなどを計測し、クラウドへ送信。状況に応じた対策を行う事ができる、空気のDXサービス。
紫外線(UV-C)を室内上部に水平照射、空気が循環することで、24時間365日安心・安全に空気環境対策ができる製品。

事業内容

【みんなエアー】「空気の見える化」を通じて安心できる場所を増やす、空気環境対策事業である。
店舗や施設など室内の空気質調査を行い、空気質をデータ化。結果に基づいて適切な改善策を提案。ご提案する対策製品は、有効性と安全性において社内で厳しい採用基準を設けるとともに、実空間での効果検証も行ったもののみを扱っている。現在はエアロシールド(エアロシールド株式会社製)、KOROSUKE(ヨーホー電子株式会社製)などをラインアップ。2021年5月までにTBSラジオやサンドラッグなど全国約2000施設へ導入。空気環境の見える化や改善に取り組む店舗やオフィスなどを地図上にマッピングすることで、衛生的で安心できる空気を選んで利用し、応援ができる社会を実現するために、2023年度中に5万施設、2025年度中に100万施設の登録を目指す。2021年4月より、空気のアップデート第2章として、空気DXサービス「MADO」の提供を開始。SDGs、そしてウェルビーイングな世界を空気・空間の視点から提供する。2021年7月より、空気のアップデート第3章として‟空気“の総合専門メディア「AIR Lab.JOURNAL」(エア ラボ ジャーナル)を本日7月6日オープン。エビデンスのある研究成果などに基づき、空気にまつわるさまざまな疑問を解決し、安心を実感でき得る空気質改善の対策や空気への意識や知識を深める有益な情報を発信している。

資料ダウンロード

ソーシャルメディア

プライバシーポリシー