日経メッセ > SECURITY SHOW > 興和光学

出展者情報

興和光学

市場の高画質化に対応したHDカメラ/ズームレンズ群を中心に幅広く展示。
最低被写体照度0.005LX/2MP高感度カメラ、F0.8低照度対応レンズや、新開発ミドルクラスズームレンズを加え、ハイスペックを求める公共監視に最適な光学商品を提供する。
ズームレンズオプションとして画像鮮明化機能、シリアル通信機能、オートフォーカスの機能をレンズ内部に搭載した。

企業情報

担当部署 営業部 光学システム一課
住所 〒103-0023
東京都 中央区日本橋本町4-11-1 東興ビル4F
電話番号 03-5651-7050
e-mail hiroshi-arima@kowa-optical.co.jp
URL http://www.kowa-optical.co.jp/
英文社名 KOWA OPTICAL PRODUCTS
市場の高画質化に対応したHDカメラ/ズームレンズ群を中心に幅広く展示いたします。
超高感度カメラ
被写体照度0.005lxの低照度環境下でもカラー撮影ができる超高感度HDカラーカメラ
電動HDズームレンズ
広範囲にわたって鮮明でシャープな画像を提供する、遠距離監視用に設計されたH電動ズームレンズ。

事業内容

・スポッテイングスコープ
厳しい自然環境下で使用されることを想定し、高い光学性能を持ちながらタフで軽量なボディになるように設計されたPROMINAR。自然愛好家の多い海外では、半世紀以上もの長い経験と実績を持つスポッティングスコープは高く評価され、中でも大口径機種は、欧米でもトップレベルのシェアを誇っている。

・観光双眼鏡
40年以上の製造・販売実績を誇る観光用双眼鏡のスタンダード。頑丈な防水構造となっており、北海道山中から灼熱の沖縄まで、全国各地の景勝地、船舶、タワー等の展望台に設置されている。

・産業用レンズ
人間の視覚(=ヒューマンビジョン)に対して機械の視覚をマシンビジョンと呼ぶ。マシンビジョンは人間の目の特性に合わせた情報が重要視されると思われがちだが、人間の視覚をベースにした情報が必ずしも機械にとって重要とは限らない。FAフィールドにおける機械の視覚は、種々雑多な情報の中から着目する特徴点をいかに安定して認識することができるか、ということが最も重要視される。マシンビジョンにおける情報を取り込む「目」の役割を果たすため、また機械にとって最適な映像を得るために私たち光研のレンズがある。

・業務用映像機器
映像・音響システムで使用する映像・音声の各種スイッチャー、延長器、分配器など、業務用映像機器を自社で開発・製造・販売を行っている。アナログ信号の他に、デジタル信号(HDMI/DVI)にも対応した製品を取り揃えており、AV設備のデジタル化をリードする。