日経メッセ > SECURITY SHOW > 富士フイルム

出展者情報

富士フイルム

2018年10月に開発発表を行った遠望監視用カメラ「SX800」を出展する。「SX800」は、4K/8K放送用レンズや監視カメラ用レンズなどの製品開発で培った光学技術と、デジタルカメラの開発で培ってきた最先端の画像処理技術を活用した、遠望監視用の監視カメラである。焦点距離20㎜~800㎜の高倍率ズームレンズを搭載し、国境や森林、空港、港湾などの公共施設からの遠望監視用途に向いたカメラである。

企業情報

担当部署 光学・電子映像事業部 国内販売グループ
住所 〒331-9624
埼玉県 さいたま市北区植竹町1-324
電話番号 048-668-2152
e-mail https://biz.fujifilm.jp/cctvlens_contact_ja.html
URL http://fujifilm.jp/business/material/cctv/index.html
英文社名 FUJIFILM (FUJINON)
森林、空港、港湾などの公共施設からの遠望監視用途に向いた監視カメラを国内初出展。
豊富なラインナップ 高性能・遠望監視用ズームレンズ
現在の遠望監視用カメラシステムが抱える各種課題を解決する、遠望監視用カメラ「FUJIFILM SX800」を国内初出展。

事業内容

富士フイルムは、光学デバイス分野のリーディングカンパニーである。長年に渡り多様なレンズを開発してきた。テレビ放送用・シネマ用レンズをはじめ、監視カメラ用、デジタルカメラ用交換レンズ、車載カメラ用など、様々な用途で使用されるレンズを取り扱っている。また富士フイルムは、その長い歴史を通じて高度な技術を蓄積してきた。FUJINONブランドに代表されるように、光学デバイスのリーディングカンパニーの一つとして高い評価を得ている。世界各地に生産・営業拠点を配置し、グローバルな視点でのロジスティクス・マーケティングを展開すると共に、各拠点では迅速かつきめ細やかなローカルサービスを提供する。