エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz

SECURITY SHOW

2020年3月3日(火)〜6日(金) 2020/03/03〜06 幕張メッセ
日経メッセ > SECURITY SHOW > HIKVISION

出展者情報

HIKVISION

小間番号 : SS2602
HikvisionのCCTV製品、ディープラーニング製品、小売ソリューション、車両管理ソリューション、サーマル製品、エコシステム機能を展示・紹介。

企業情報

担当部署 日本チーム
住所
海外 No.518 Wulianwang Street, Binjiang District, Hangzhou, China
電話番号 +86-18100196231
e-mail shentuweicheng@hikvision.com
URL https://www.hikvision.com
英文社名 HIKVISION
AIベースの統合ソリューション
CCTV製品
AIベース製品

事業内容

Hikvisionは、革新的なセキュリティ製品とソリューションを提供しているプロバイダーである。
Hikvisionの従業員数は34,000人を超え、そのうち16,000人以上がR&Dエンジニア。当社は、年間の売上収益の7〜8%を継続的に製品革新のための研究開発に投資している。Hikvisionは、研究から設計、開発、テスト、技術サポート、サービスに至るまでのすべての操作を含む、完全なマルチレベルR&Dシステムを確立。杭州本社を中心とするR&Dチームは、カナダのモントリオールと英国のロンドンにあるR&Dセンターをはじめ、中国の5つの都市を含むグローバルに事業を展開。
Hikvisionは、オーディオおよびビデオエンコーディング、ビデオ画像処理、関連データストレージのコアテクノロジー、およびクラウドコンピューティング、ビッグデータ、ディープラーニングなどの先進的なテクノロジーを進化させ、過去数年にわたって、Hikvisionは、交通、教育、ヘルスケア、金融機関、エネルギー、インテリジェントビルなど、さまざまな垂直市場で顧客のニーズに応える知識と経験を深めてきている。当社は多様な市場の要件を満たすために専門的でカスタマイズされたソリューションを提供。ビデオ監視業界に加えて、Hikvisionは、長期にわたる開発を維持するためのチャネルを探索するために、ビジネスをスマートホームテクノロジー、産業オートメーション、および自動車エレクトロニクス業界に拡大した。
Hikvisionは、顧客、ユーザー、パートナーのニーズに迅速に対応できるように、44の海外地域子会社を含む業界で最も広範なマーケティングネットワークを確立。 Hikvisionの製品は、米国のフィラデルフィアレクリエーションセンター、韓国のソウルのセーフシティプロジェクト、アイルランドのダンレアリー港、インド銀行など、150か国以上をカバーする多様な垂直市場にサービスを提供。
Hikvisionは2010年5月に公開され、中国深セン証券取引所の中小企業委員会に上場した。

ソーシャルメディア

Facebook