連載コラム

第65回 リサイクル(5)

[ 2014年6月2日 ]

 今回は、新規性のある「農機具リサイクル店」、一人で運営できる「買い取りコンビニ」、買い取り・販売・質預かりの「質屋」をご紹介いたします。

[事例1] 農機具リサイクル店「ファームマート」

(フランチャイズ本部:株式会社旺方トレーディング)
http://www.nokigu.com/
~中古品売買を軸に、農機具レンタル、修理なども手掛ける~

中古品売買から、レンタル、修理・メンテナンス、新車・パーツ販売まで
 農機具リサイクル店「ファームマート」は、トラクター、コンバイン、田植え機などの中古農機具売買をメインに、農機具レンタル、修理・メンテナンス、新車・パーツ販売などを手掛けています。

年商モデル
 商品は、製造年、馬力、性能などに応じて買い取り価格を決定。この買い取り価格に2割~4割程度の粗利を加えて、販売価格を算出します。ファームマート本部は、10余年にわたるファームマート事業の経験を踏まえ、加盟店の年商モデルを、初年度8,000万円、オープンから3年で1億円、5年で2億5,000万円としています。

研修で、買取ノウハウを指導
 加盟店は、2つのルートを使って、農機具を買い取ります。店舗と本部からの紹介です。加盟店は、直接、店舗に依頼してきた農家に加え、本部紹介の案件にも対応します。本部紹介案件のほとんどは、本部が運営する買い取り専門サイトを通じた依頼です。

 研修は店長研修と修理研修があります。買い取る際の査定については、研修で指導されるため、未経験で加盟しても買取マニュアルを使って対応できます。研修の期間は、個々の研修参加者の習得度によって異なり、最短で2週間、最長1カ月です。

高価買い取りを実現、差別化できる理由
 一方、買い取った農機具は、3つの方法で販売できます。自らの店舗や、本部運営の小売業者向け卸売サイトで売るか、本部に販売するかです。

 ファームマート本部は、買い取った農機具を独自に築いた国内の販売網を使って売ったり、世界80カ国に輸出したりしてきました。幅広い選択肢があるため、最適な販売先を選んで売れる状況です。しかも、買い取りから輸出、販売まで自社で行うため、中間マージンはゼロ。その結果、実現できた高価買い取りで、差別化をしています。

 また、競合他社は、ネット専門や、小規模の業者が大半なので、現時点では、強力なライバルが見当たらないということです。

加盟店サポート体制
 オープン前には、前出の店長研修と修理研修が用意されています。オープン後の加盟店指導は、加盟店の状況を見ながら、必要に応じて随時実施。

フランチャイズ展開開始年 2014年
直営店舗数 / 加盟店舗数(2014年3月5日現在) 1店舗/ 0店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース、個人事業主含む)

※法人、個人ともに加盟可能
加盟者全体に占める未経験者の比率
※未経験でも加盟可能
標準開業資金(居抜き物件の場合。店舗取得費(※)・運転資金込み)/標準店舗規模
※居抜き物件の修繕費、改装費、家賃など含む
5,000万円~6,000万円 /200坪

※ファームマートの「加盟店オーナーからひとことコメント!」は掲載しておりません。

旺方トレーディング FC事業部 野村幸作氏
旺方トレーディング FC事業部
野村幸作氏
旺方トレーディング主催の中古農機具展示即売会
旺方トレーディング主催の中古農機具展示即売会


[事例2] 買い取りコンビニ 「キングラムGP」

(フランチャイズ本部:株式会社ベストバイ)
http://www.bestbuy-smile.biz/
~一人でできる買い取りコンビニ!充実研修だから未経験でもOK~

幅広く買い取って集客する"買い取りコンビニ"
 "買い取りコンビニ" とは、高額商品からノーブランド品まで、幅広く買い取る買い取り専門店のこと。「キングラムGP」は、貴金属、宝石、高級ブランドのバック・財布・時計に加え、ノーブランド品も買い取る買い取りコンビニです。客から買い取った商品は、キングラムGP本部が買い上げます。客の7割が40代以上の女性です。

 買い取り専門で在庫不要なので、1人でも運営できる3坪からの小スペースで開業できます。小型店のため家賃、人件費などのコストを抑え、利益を確保しやすくなっています。

モデル年商
 基本的に、販売価格の7割程度の金額で、客から商品を買い取りますが、加盟店は自由に買い取り価格を決められるので、粗利を考えた価格設定もできます。
 既存店実績に基づくモデル年商は、月間の買い取り額約350万円で年商6,000万円、トップクラスの加盟店では、1,000万円の買い取りで年商は1億8,000万円程度になります。

査定・接客技術メインの加盟前研修
 未経験でも、業務が円滑にできるよう、査定・接客技術など業務全般を学ぶ7日間の本部研修、18日間の現場研修が用意されています。的確な研修や加盟店指導のために、キングラムGP本部は、偽造品などの流通防止を目指す民間団体に属し、最新の贋作情報などを得ているということです。

キングラムGPの強み:買い取り品目の多さ
 キングラムGPの強みは、買い取り品目の多さ。幅広く買い取ることで、より多く集客し、競合他店と差別化してきました。これを可能にしたのは、直営店や本部運営の総合リサイクルショップです。これらの店舗での買い取り・販売結果で、潜在需要のある品目が発見できます。
 また、新たに修理・加工サービスも導入、売上拡大につなげています。

加盟店サポート体制
 各店舗のパソコンから、買い取り情報などが得られるフランチャイズ支援システム、困った時には、オンラインカメラや直通電話などを通じて、リアルタイムで本部スタッフが対応するサポート体制などに加え、SV(スーパーバイザー)による臨店指導を必要に応じ随時実施。査定・接客をテーマにした追加研修、店長会開催。加盟契約前に、現場を体験できる制度もあります。

フランチャイズ展開開始年 2010年 9月
直営店舗数 / 加盟店舗数(2014年3月5日現在) 27店舗/ 60店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース、個人事業主含む)
個人10% 法人90%
加盟者全体に占める飲食業未経験者の比率 約90%
初期投資(物件取得費別)/標準店舗規模 350万円~/5坪~10坪

加盟店オーナーからひとことコメント!
「研修では、未経験者が査定で間違いやすい点を押さえてくれた」

■六角橋店(横浜市)店長 澤井 篤さん

 「未経験で、店長を任されました。私が研修に入った時は、本部のトレーナー1人が加盟者3人を指導してくれました。今、店舗で査定中に『これは研修で注意されたことだ』と思うことがよくあります。当初、研修が長いと感じましたが、現場に立つようになってからは、査定の基本を身に付けるには、25日の研修日数は必要だと考えるようになりました」

※2013年7月開業

ベストバイ FC営業部 開発課課長 田代昇平氏
ベストバイ FC営業部
開発課課長 田代昇平氏
キングラムGP
キングラムGP


[事例3] 質屋「質屋かんてい局」

(フランチャイズ本部:FTC株式会社)
http://www.ftcproject.co.jp/
~"買い取り・販売・質預かり"の3つで、売上拡大、集客促進~

3つの業務を手掛ける珍しさで、差別化、集客
 「質屋かんてい局」の主な業務は、買い取り・販売・質預かりの3点。質預かりとは、客が持ち込んだ品物を担保にした融資です。3つの業務を手掛ける珍しさで、差別化、集客しています。主要客層は30代~40代、6割が女性です。

3つの販売方法の中から、"最も高く売れる方法"を選んで売る
 取り扱う商品は、著名ブランドのバッグ・財布・ジュエリーから、金・プラチナなどの貴金属、宝石、時計、パソコン・カメラなどの電化製品などまでと、多様です。買い取った商品の販売方法は3つ。店舗で販売するほか、本部運営のネットショップや買い取り業者に売ることもできます。また、不要な在庫は、本部が買い取ります。

モデル年商、トップクラスの加盟店年商
 客一人当たりの平均買い取り単価は3万円~5万円、販売単価は4万円~5万円ですが、多様な商品を扱っているため、400万円金の延べ棒を買い取ったり、200万円の中古時計を売ったりすることもあります。既存店実績に基づくモデル年商は50坪店で1億8,000万円、トップクラスの加盟店年商は2億4,000万円です。

「質屋かんてい局」の強み
 質屋かんてい局本部は、別業態としてリサイクルショップチェーンを運営しているため、様々な中古品の査定ができます。この査定力を活かし、例えば、百貨店ブランドの衣類や携帯電話など、買い取る商品の品目を拡大、加盟店の集客と売上拡大につなげています。

オープン前研修・指導体制
 スタッフのモラルアップを目的とした「SLT(スタッフレベルアップトレーニング)」、接客や査定を中心に学ぶ「本部基礎研修」、「本部現場研修」に加え、オープン前2週間からは本部派遣のインストラクターが「マネジメント研修」・「スタートアップ研修」・「現地基礎研修」を実施。研修期間は1ヵ月以上とのこと。

 オープン後は、必要に応じて加盟店指導を行ったり、定期的に研修会や勉強会などを開催。加盟店は、専用ホームページから、各種販促ツールなどを入手できます。

フランチャイズ展開開始年 2008年 1月
直営店舗数 / 加盟店舗数(2014年3月5日現在) 4店舗/ 13店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース、個人事業主含む)
個人加盟者約30% 法人加盟者約70%
加盟者全体に占め質屋業未経験者の比率 100%
標準開業資金/標準店舗規模(店舗取得費別) 2,837万円/20坪~

加盟店オーナーからひとことコメント!
「新しい買い取り商品の提案、販売先の紹介を評価して、多店舗化へ」

■宇都宮店(栃木県)ほか、3店舗オーナー 越沼 栄さん

 「以前は、新刊書店とビデオレンタル店の複合店を経営していました。本部を評価している点の一つには、新しい買い取り商品を見つけて提案してくれることです。販売先の紹介があるので安心ですし。また、オープン時の研修、スタッフのトレーニングもしっかりやってくれるので助かります」

※1号店は2009年7月開業

FTC取締役 中森勇貴氏
FTC取締役
中森勇貴氏
質屋かんてい局
質屋かんてい局

注目のFC分野・制度紹介!
執筆者:松本陽子

ツーウェイコミュニケーションズ代表。米国オベリン大学留学を経て桜美林大学英語英米文学科卒業。FCプランナー。加盟店、及び顧客開発に的を絞ったWebサイトコンテンツ、各種販促PR企画などの立案・制作・実施を中心に、FC本部のサポートを行う。「日経MJ」などの経営専門誌のほか「レタスクラブ」女性向けサイト「21Lady.com」など一般向け媒体にも寄稿。「フランチャイズ関連セミナー」などのコーディネーター、テレビ番組出演などを通じFC事業の啓蒙活動も行う。主な著書「中高年のためのFC店開業講座」「妻と夫のためのFC店開業講座」(いずれも共著・日本経済新聞社刊)

バックナンバー

PAGE TOP