連載コラム

第91回 美容・健康

[ 2016年7月28日 ]

 今回ご紹介するのは、加盟店の運営委託が可能な「まつ毛エクステ店」、健康・美容分野で経験を重ねてきた本部が手がける「まつ毛エクステ店」、顧客継続率約9割のストック型ビジネス「ミネラルウォーター宅配サービス」です。

[事例1] まつ毛エクステ専門店「Eyelash Salon Balnc(アイラッシュ サロン ブラン)」

(本部:株式会社Blanc)
http://www.blanc-group.co.jp/
~加盟者の4割が2店舗以上経営、本部への加盟店運営委託も可能~

定期的施術が必要なまつ毛エクステ、リピート利用見込めるストック型事業
 まつ毛エクステとは、まつ毛に専用接着剤で人工毛をつけ、まつ毛を長くしたり、ボリュームアップしたりするサービス。まつ毛エクステ店は美容所として許可を受け、美容師免許保持者が施術を行う必要があります。プロによる定期的な施術が必要なサービスなので、リピート利用の見込めるストック型ビジネスです。

 「Eyelash Salon Balnc(アイラッシュ サロン ブラン)」の場合、客層の約7割が20代~30代の女性で、平均客単価8000円~1万円、利用頻度は月1回程度です。主なサービスの施術価格は「上まつげ80本」8640円、「140本」1万5120円、「下まつげ30本」3240円など(いずれも税込で全国一律)。まつ毛エクステに加え、顧客の2割が購入するオリジナル化粧品も販売しています。既存店はオープンから平均3カ月~4カ月で単月黒字化しています。

約9割の加盟者が美容業未経験で加盟
 「Eyelash Salon Balnc(アイラッシュ サロン ブラン)」では施術を美容師免許のあるスタッフに任せるため、美容師免許なし、美容業未経験でも加盟できます。

 加盟店には加盟者自ら店舗を運営する通常の加盟店と、本部に運営を委託する運営委託加盟店の2種類があります。通常の場合、加盟者は本部から出店に適した商業施設の紹介を受けたり、本部のアドバイスを受けながらスタッフ募集や採用を行います。スタッフ研修、オープン後の定期的なスタッフの施術チェックは本部が担当します。また、まつ毛エクステは基本的に女性対象のサービスであり、特に男性加盟者が店舗に常駐することは推奨されないため、店舗運営はスタッフと本部SV(スーパーバイザー)が中心になって行い、必要に応じSVが加盟者に経営状況などを報告します。ただし、加盟者はスタッフとの信頼関係を築くために、店舗が軌道に乗るまでは週一回程度、乗ってからは月1回程度は店に顔を出す必要があります。一方、運営委託の場合、通常加盟店と大きく異なるのは、スタッフ募集・採用作業、"店舗への顔出し"不要であること。本部が研修済みスタッフを加盟店に派遣、店舗を運営し、毎月1回定例報告、必要があれば随時店舗運営状況を加盟者に報告するからです。

加盟者の9割以上(※)が運営委託を選択
※運営委託方式を導入した2015年10月以降に加盟した加盟者に対する割合
 基本的に運営委託制は、商業施設内の加盟店限定で適用されます。商業施設の場合、店舗の売り上げを施設に預けることになり、外部に持ち出せないため、売り上げを巡るトラブルを防止できます。こうした安全性、運営の手間を省ける点などを評価し、多くの加盟者が運営委託を選択しています。
加盟店募集エリア 全国
オープン前の店舗スタッフへの研修内容と日数 本部運営のスクールでの研修4日、既存近隣店舗もしくはスクールでのOJT1~2ヵ月。検定合格後、オープン前3日間で、業務日報、オープンから閉店作業などを学ぶ。総じて技術・接客・店舗運営全般について指導。
オープン後のサポート内容 毎月の隣店指導
フランチャイズ展開開始年 2008年
直営店店舗数 / 加盟店店舗数(2016年6月末現在) 直営 39店舗/加盟店 60店舗、海外25店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース、個人事業主含む)
個人 60% 法人 40%
加盟者全体に占める美容業未経験者の比率 90%
ロイヤルティ 赤字期間はなし。変動ロイヤルティ制で営業利益が売上の30%に満たない場合は営業利益を折半した額がロイヤルティ。最大で15%
標準開業資金(物件取得費別)/標準店舗規模 約900万円~/10坪~
加盟店の収益モデル 月商約200万円

加盟店オーナーからひとことコメント!
「本業は内装業。開業後約3年、毎月の食事会でスタッフとの信頼関係保持」
■宝塚店 (兵庫県宝塚市)オーナー 山下和也さん(※通常加盟店)

「当店は路面店。オープン当初半年ぐらいは店舗の認知度アップのためにチラシをまきましたが、今では予約でお客様がとれるのでチラシ不要。店舗運営はSVとスタッフ任せです。SVはよくサポートしてくれます。客単価アップのための販促など、必要に応じ随時、提案や報告をしてくれるので、その都度私が判断し、やるべきことを行っています」

※2013年10月オープン

Blanc 取締役FC事業部開発本部長 多和 好人氏
Blanc 取締役FC事業部開発本部長
多和 好人氏
Eyelash Salon Balnc(アイラッシュ サロン ブラン)
Eyelash Salon Balnc(アイラッシュ サロン ブラン)

[事例2] まつげエクステ店「CILGRACE(シルグレイス)」

(本部:株式会社Beauty Professional)
http://omg-holdings.co.jp/fc/beauty_professional/about.html
~健康・美容分野で積み上げた事業展開経験活かし加盟者サポート~

丁寧なカウンセリング、高品質な人工毛利用などで満足度の高いサービス提供
 「CILGRACE(シルグレイス)」のスタッフ(施術者)は、全て美容師資格保持者で社内研修受講済み。事前カウンセリングで客の目やまつげの状態、希望のエクステのデザインなどをきちんと確認する一方、エクステに用いる人工毛はすべて高品質なプレミアムセーブル、専用接着剤も国産品を使用しています。

 主なサービスの施術価格は「上まつ毛80本」4000円、「140本」7000円、「下まつ毛30本」2400円(税別料金)など。主要客層は30代~40代の女性で、平均客単価は約5200円、客は平均的に3週間から4週間に1度の割合で来店しています。

設立から25年のグループ企業で培った健康・美容事業ノウハウを活用
 満足度と安全性の高いサービス提供を目指す「CILGRACE(シルグレイス)」。本部であるBeauty Professionalは、グループ企業の中に、鍼灸整体トリートメントサロン、リラクゼーションサロン、エステティックサロンを展開してきた設立から25年の会社や、全国約180施設を数える介護予防デイサービス『GENKI NEXT』のフランチャイズ本部である会社などを抱えているため、それらのグループ企業で磨いた事業展開ノウハウを「CILGRACE(シルグレイス)」に活用し加盟者を支援します。

未経験加盟OK!出店候補地の提案から、スタッフ研修など加盟者をサポート
 施術は、美容師資格のあるスタッフが担当するので、美容業未経験で資格なしでもに加盟できます。出店候補地は、本部が加盟者の希望エリアから商業施設のテナント案件、路面店など適切なものをリサーチして、加盟者に提案します。人材募集については、本部は各種求人媒体の選定や面接時のチェックポイントなどのアドバイスを行ったり、一次面接での技術チェックを行ったりして、人材募集・採用をサポート。加盟者の希望があれば、人材募集・採用の本部代行も可能です。スタッフの技術指導については、美容師資格を持った専属の技術指導担当者を本部に置き、開業前の導入研修、開業後の定期的な技術指導、施術レベルのチェックを行います。

女性スタッフ中心に店舗を運営するが、加盟者は店舗への目配り必要
 男性加盟者は、女性客が不快に感じないよう、営業中は店舗をできるだけ訪れないといいます。従って、女性スタッフが軸になって店舗を回すことになるため、スタッフは本部と加盟者に毎日日報をメール提出するなどして、現場の状況を共有します。一方加盟者は、現場はスタッフに任せるものの、スタッフの状況やマネジメント全般に目配りして、必要に応じ課題に対応するという経営者としての責任を求められます。SV(スーパーバイザー)は最低月1回の報告をはじめ、適宜現場や加盟者からの相談に対応。スタッフ、加盟者、SVが協力し合って円滑な加盟店運営を実現していきます。

加盟店募集エリア 首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)
オープン前の店舗スタッフへの研修内容と日数 開業前1カ月、直営店舗や本部研修施設でのOJT、OFFJT
オープン後のサポート内容 ・月1回臨店での店舗監査、オーナーフィードバック、運営分析、運営アドバイス、品質分析
・月1回の本部研修施設、直営店舗での技術勉強会
フランチャイズ展開開始年 2016年
直営店店舗数 / 加盟店店舗数(2016年6月末現在) 直営店 2店舗/加盟店 0店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース、個人事業主含む)
個人 −% 法人 −%
加盟者全体に占める美容業未経験者の比率 −%
ロイヤルティ 月売上の7%
標準開業資金(物件取得費別)/標準店舗規模 約910万円~/15坪~
加盟店の収益モデル 月商約250万円

※「加盟店オーナーからひとことコメント!」は掲載していません。

Beauty Professional 代表取締役社長 高 智光氏
Beauty Professional
代表取締役社長 高 智光氏
CILGRACE(シルグレイス)
CILGRACE(シルグレイス)

[事例3] ミネラルウォーター宅配サービス「アクアマジックOne-Way」

(本部:株式会社中京医薬品)
http://aqua-magic.net/
~顧客継続率約9割(※)のストック型事業、開業資金ゼロも可能~
※契約から3年以内の継続率は85%~90%

本部はJASDAQ上場企業
 「アクアマジックOne-Way」は、JASDAQ上場企業である医薬品会社「中京医薬品」が2000年から開始した事業です。顧客に支持されている点は、付加価値と安全性の高い水をリーズナブルに提供するところ。「アクアマジックOne-Way」の水は、原水から不純物、有機物、放射性物質をほぼ完全に除去した純水に、海洋深層水を配合したものです。また安全性については、顧客に無料で貸し出す冷温水ウォーターサーバーに専用抗菌カートリッジを投入し、冷水タンク内を清潔に保つ一方、年1回のサーバーメンテナンスも実施するなどの対策を取っています。

 現在、愛知・岐阜・三重の三県中心に宅配網を広げ、三県下ではボトルを回収するツーウェイ方式、これら以外の地域は回収なしのワンウェイ方式で全国に(北海道、沖縄、及び離島を除く)サービスを提供中。料金(税別)は全国一律で、ツーウェイ方式ではボトル1本(12リットル)当たり1200円、ワンウェイ方式ではボトル2本セット月額3400円、いずれも宅配料無料。比較的お手頃な料金なので、利用者の7割が個人で、その大半は一般的な所得水準の家庭です。

開業資金不要の「取次店」から「OEM」まで、多様な事業スタイル可能
 「アクアマジックOne-Way」はビジネスパートナー制で事業を拡大中。パートナーのスタイルは、開業資金・在庫リスク・債権回収・顧客管理なしで顧客開拓のみ行うワンウェイ方式の「取次店」、新規事業として取り組む「代理店」、自社のオリジナルブランドとして事業化する「OEM」など様々で、パートナーは各々に合ったスタイルで「アクアマジックOne-Way」事業に参加できます。具体的な事業スタイルについては、本部は、ビジネスパートナー希望者の要望に合ったものを柔軟に提案するということです。現在、パートナーとしてガソリン・灯油・ガス関連機器などの販売会社、物流会社、牛乳販売店などが事業に参加、また、代理店はエネルギー関連商材販売会社をはじめとする大型代理店4法人が既に稼働中、OEMについては大手コーヒー会社の中部地域限定のサービスとして事業展開中。

パートナーの収入モデル(取次店のケース)
 パートナーの収入モデルは、事業スタイルによって異なります。一例として取次店を挙げると、新規顧客の獲得と売上に応じて手数料収入を得られます。手数料収入はワンウェイ方式、ツーウェイ方式ともに、契約1件当たり5000円 、契約後36カ月間はワンウェイ方式は売上額の8%、ツーウェイ方式は10%です。なお、取次店の要望やその営業力などに応じ契約時の手数料をアップするケースが多くなっています。取次店の年間純利益モデルは、年間100件の顧客開拓で100万円です。

ビジネスパートナー募集エリア 全国※北海道・沖縄はサービス対象範囲外
オープン前の主な取次店研修内容と日数(※) 1日。アクアマジックOne-Wayの仕組み・サービスの内容・サーバー構造など、3時間程の説明会を無料で実施
オープン後の取次店サポート内容(※) 月次訪問
ビジネスパートナー募集開始年 2000年
直営店数 / ビジネスパートナー数(2016年6月末現在) 直営店 5店舗/ビジネスパートナー数 30法人
ビジネスパートナーにおける個人、法人の比率
(※個人=脱サラなどから参加したケース、個人事業主含む)
個人 10% 法人 90%
ビジネスパートナー全体に占める未経験者の比率 ほぼ100%
ロイヤルティ なし
標準開業資金(物件取得費別)/標準店舗規模 取次店の場合:開業資金なし
※開業資金はビジネスパートナーのスタイルで異なる
ビジネスパートナーの収益モデル 月商約10万円〜1,000万円(開拓顧客数による)

※取次店以外の研修、サポート内容などについては本部に要問合せ
※「加盟店オーナーからひとことコメント!」は掲載していません。

中京医薬品 アクアマジック事業部次長 福田 元也氏
中京医薬品 アクアマジック事業部次長
福田 元也氏
アクアマジックOne-Way
アクアマジックOne-Way

注目のFC分野・制度紹介!
執筆者:松本陽子

ツーウェイコミュニケーションズ代表。米国オベリン大学留学を経て桜美林大学英語英米文学科卒業。FCプランナー。加盟店、及び顧客開発に的を絞ったWebサイトコンテンツ、各種販促PR企画などの立案・制作・実施を中心に、FC本部のサポートを行う。「日経MJ」などの経営専門誌のほか「レタスクラブ」女性向けサイト「21Lady.com」など一般向け媒体にも寄稿。「フランチャイズ関連セミナー」などのコーディネーター、テレビ番組出演などを通じFC事業の啓蒙活動も行う。主な著書「中高年のためのFC店開業講座」「妻と夫のためのFC店開業講座」(いずれも共著・日本経済新聞社刊)

バックナンバー

PAGE TOP