連載コラム

第19回 女性専用フィットネスクラブ

[ 2010年7月27日 ]

今回ご紹介するフィットネスクラブは、いずれも「サーキットトレーニング」形式を採用しています。サーキットトレーニングとはステップ、ウォーキングなどの有酸素運動とマシンを用いた筋力トレーニングを30秒ずつ交互に約30分行うもの。短時間で効率的に脂肪燃焼ができ、体への負担も少ないため、年齢を問わず取り組みやすいといわれています。このトレーニングを取り入れ、女性専用にすることで、従来のフィットネスクラブが取りこぼしてきた中高年女性客を開拓をしています。

[事例1]女性専用フィットネスクラブ「クイックフィット」

(フランチャイズ本部:株式会社ボディメンテナンスhttp://www.bm30.co.jp/
~わずか12坪の池袋店、主婦開業の沖縄店も盛業中!~

株式会社ボディメンテナンス

 ボディメンテナンス代表取締役社長饗庭秀直氏は、身体コンディショニングの専門家。第一人者としてトップアスリートをサポートする一方、タレント、モデルのダイエット指導を行ったり、多数の健康関連テレビ番組の監修をしたり、これらに出演したりしています。同氏のダイエット、フィットネスに関した著書の多くはベストセラーになっています。
 クイックフィットの第一の特徴は、有酸素運動と筋力トレーニングに全身の柔軟性を向上させるマシン「BMストレッチベンチ」を加えている点。疲労感を残さず、質の良い筋肉を作るためにストレッチを重視する饗庭氏の考えに基づいています。第二の特徴はマシンが独自開発されている点。ストレッチベンチに加え、筋肉トレーニング用マシン「BMマシン」もオリジナル商品です。BMマシンは24段階まで負荷設定ができるため、アスリートから高齢者まで対応できます。トレーニングとは別に、寝ているだけでストレッチができ、疲労回復、機能改善を促す「BMストレッチマシン」も開発されており、希望があれば加盟店はオプションで導入できるようになっています。第三の特徴はセルフチェック用の「フィットネスノート」。クラブ会員自ら、手のひらサイズのノートに毎日の体重、体調、食事などを書き込んでもらうことで、コンディションの管理やダイエット目標を意識してもらい実現を促していきます。クイックフィットの客層は40代~80代。月会費は平均5,800円。会員は回数無制限でクラブを利用できます。
 各クラブでは饗庭氏の知名度で集客し、個々の会員とのつながりを重視した運営を行っているため、会員の7割が口コミで入会しています。チェーン全店で会員募集チラシは開業時のほか、年一回まく程度だそうです。


<女性専用フィットネスクラブ「クイックフィット」>

フランチャイズ展開開始年 2005年2月
直営店舗数 / 加盟店舗数(2010年7月現在) 1店舗 / 6店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース)
個人加盟者100%(※個人加盟者のみ募集)
加盟者における業界未経験者の比率 約50%
標準店舗規模 / 標準投資額
(店舗取得費別)
30坪 / 約800万円
※小規模店舗も開業可能。
 


[事例2]女性専用30分フィットネスクラブ「フィッツミー」

(フランチャイズ本部:株式会社タニタフィッツミーhttp://www.fitsme.jp/
~本部の開業支援で加盟店の会員獲得率ほぼ100%!~

株式会社タニタフィッツミー

 フィッツミーでは月に一度、会員の体組成を測定します。体組成とは脂肪、筋肉、骨、水分など体を構成する成分のことです。グループ企業であるタニタが計測機器のトップメーカーでもあり、同社の測定器は医療器認定を受けた高精度なものなので正確に量れます。正確なデータに基づいた的確な運動、栄養指導により約95%の会員が減量に成功しています。会員の退会率抑制には、スタッフの接客力向上が必要です。フィッツミーでは毎月の巡回指導でスタッフの接客状況をチェックし、それぞれに指導を行っています。パート・アルバイトを含め、一年以上勤務しているスタッフには、運動や栄養をテーマにしたボトムアップ研修を実施しています。接客力重視の結果、一般のフィットネスクラブの月間平均退会率が5%~7%とも言われる中、フィッツミーでは約3.4%にとどまっています(2009年4月~2010年3月時点)。
 加盟店支援の中で、力を入れているものの一つが開業支援。加盟店開業前5日間、開業後10日間本部スタッフが加盟店に入り、業務をサポートするというものです。開業サポートでもっとも効果が現れるのが入会率。本部スタッフが入会希望者に対応した場合、ほぼ100%入会するといいます。ちなみに研修を終えて間もない加盟店スタッフが対応すると、40%程度になります
 フィッツミーの客層は10代~80代、平均年齢は50歳。5,880円の月会費で回数無制限でクラブを利用できます。

<女性専用30分フィットネスクラブ「フィッツミー」>

フランチャイズ展開開始年 2007年
直営店舗数 / 加盟店舗数(2010年7月末現在) 6店舗 / 5店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース)
法人加盟者100% (※個人の加盟も可能)
加盟者における業界未経験者の比率 100%
標準店舗規模 / 標準投資額
(店舗取得費、初回入金までの運転資金別)
30坪~40坪 / 1,426万円
 


[事例3]女性専用30分フィットネスクラブ「アルペンクイックフィットネス」

(フランチャイズ本部:株式会社アルペンhttp://www.alpen-fc.com/
~アルペングループの力で有力物件情報提供、コストダウン進め、加盟店サポート~

女性専用30分フィットネスクラブ「アルペンクイックフィットネス」

 アルペンクイックフィットネスの客層は30代~70代。会員の半数が40代~50代です。幅広い年齢層の会員が快く安全にクラブを利用できるよう、安全性の高い曲線を基調にしたデザインで、日本人の体形に合った筋力トレーニングマシン、有酸素運動用のボードを独自に開発しました。
シニア層に適切な運動指導をするためのスタッフ向け集合教育は、年3回程度実施しています。外部から専門家を呼んで教育する場合もあります。集合教育とは別に、加盟店立ち上げ時や加盟店訪問の際に、スタッフの接客、会員への運動指導面などをチェックし、アドバイスを行っています。スポーツ用品売上ではトップクラスのアルペングループは、これまで多数のパート・アルバイトを活用してきましたが、そこで得た知識と経験をスタッフの研修、マニュアル類に生かしているといいます。
 本部はグループの情報力、コストダウン力も駆使して加盟店経営を支えています。例えば集客力の高いショッピングモールへの出店情報など、全国に356店舗(2010年6月30日時点)を展開するアルペンだからこそ入手できる、各地の有力物件情報を加盟者に提供しています。店舗作りにおいては専門業者とのネットワークによるコストダウン、トレーニングマシン、スタッフユニフォームなどについては高品質な商品の低価格での仕入れを実現しています。
 クラブの月会費は月契約の月払いで5,250円、年契約の月払いで4,800円、年契約の一括払いで54,000円。大半の会員が年契約の月払いを選んでいます。会員はクラブを無制限で利用できます。

<女性専用30分フィットネスクラブ「アルペンクイックフィットネス」>

フランチャイズ展開開始年 2007年
直営店舗数 / 加盟店舗数(2010年7月末現在) 5店舗 / 21店舗
加盟者における個人加盟者、法人加盟者の比率
(※個人加盟者=脱サラなどから加盟したケース)
法人加盟者100%
(※法人加盟者のみ募集)
加盟者における業界未経験者の比率 約90%
標準店舗規模 / 標準投資額
(店舗取得費別)
30坪~40坪 / 約1,000万円
 


注目のFC分野・制度紹介!
執筆者:松本陽子

ツーウェイコミュニケーションズ代表。米国オベリン大学留学を経て桜美林大学英語英米文学科卒業。FCプランナー。加盟店、及び顧客開発に的を絞ったWebサイトコンテンツ、各種販促PR企画などの立案・制作・実施を中心に、FC本部のサポートを行う。「日経MJ」などの経営専門誌のほか「レタスクラブ」女性向けサイト「21Lady.com」など一般向け媒体にも寄稿。「フランチャイズ関連セミナー」などのコーディネーター、テレビ番組出演などを通じFC事業の啓蒙活動も行う。主な著書「中高年のためのFC店開業講座」「妻と夫のためのFC店開業講座」(いずれも共著・日本経済新聞社刊)

バックナンバー

PAGE TOP