日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 連載コラム > 最新フランチャイズマーケットトレンド > 第4回 サービス業FCトレンドレポート ~社会のニーズに対応した新しいサービスが脚光を浴びる~ 

連載コラム

第4回 サービス業FCトレンドレポート ~社会のニーズに対応した新しいサービスが脚光を浴びる~ 

[ 2009年3月26日 ]

 「こんなサービスがチェーン展開されているの?」と驚くのがサービス業FCである。消費者ニーズに応え、従来はなかったサービスを提供するフランチャイズチェーンが続々と生まれてきている。最新の「JFAフランチャイズチェーン統計調査」(2007年度、日本フランチャイズチェーン協会調べ)では、サービス業FCはチェーン数、店舗数、売上高の全てが前年度を上回っている。とりわけ、ハウスクリーニング、介護サービス等の、「その他のサービス」分野の売上は対前年比で57.9%増という驚異的な伸びである。

環境変化に対応した新しいサービスの提供

 少子・高齢化に伴う人口構造の変化や女性の社会進出といった外部環境の変化に伴って、従来はなかったニーズが発生し、新たなサービスが提供されている。  少子化の進展で学習塾の市場が飽和状態を見せる中、個別指導を行っている学習塾チェーンの中には、子供たちの満足度と塾経営効率の両方を高め、学校数と売上を伸ばしているFCもある。また、高齢化の進展により、高齢者向けの配食サービスや介護サービスの提供等のニーズが高まり、介護については、訪問介護だけでなく通所介護施設の運営や軽度介護者に対して自立を促すプログラムの提供など新しい業態が生まれてきている。  女性の社会進出に関連して、2008年4月の厚生労働省が発表した「新待機児童ゼロ作戦」等の追い風もあって、保育サービス各社による保育所FCが続々開設されている。他にも、節約志向によって従来型のクリーニングサービスの売上は減少しているが、衣類のリフォームや、シーズンオフの衣類預かり、夜間集配サービス等の新しいサービス需要は高まっている。

サービス業FCは小資本で開業できるが、人材育成が重要

 サービス業FCの特徴は1店舗あたりの売上金額が小さいことであり、1店舗当たりの年間売上高は28,026千円である。小売FCの159,469千円、や飲食FCの72,775千円と比較すると、サービス業の売上規模が小さいことが明らかである。  サービス業FCを大別すると、ホテルやレンタルのような設備型と、不動産や中古車の仲介を行う情報提供型、クリーニングや学習塾等の人的専門サービス型に分類される。特に、人的専門サービスの業態では大きな設備投資が必要ないことから、開業費用を安く抑えることができ、中には開業資金1,000万円以内でスタートできるFCも多数ある。 ただし、人による役務の提供には形がないので、マニュアル通りにサービスをしても、提供者によって顧客の満足度が大きく異なってしまうという特徴がある。サービス業FCは、本部の知名度を利用した営業活動や研修ノウハウによって、単独開業と比較し、未経験者でもスムーズに開業できるメリットはある。しかし、サービスを提供するスタッフが顧客に満足感を提供できるよう、オーナーは本部と共に教育・育成を行っていかねばならない。それが顧客のリピート需要開拓につながり、安定した業績を残すことができるようになるのである。

(中小企業診断士 山下哲博)

2007年度サービス業分野のフランチャイズチェーン統計

  チェーン数 店舗数
2006年度 2007年度 増減 2006年度 2007年度 増減 前年比
小売業合計 346 340 -6 85,582 85,333 -249 99.7%
飲食業合計 497 540 43 56,188 55,465 -723 98.7%
サービス業合計 351 366 15 93,670 94,888 1,218 101.3%
 

サービス業内訳

  チェーン数 店舗数
2006年度 2007年度 増減 2006年度 2007年度 増減 前年比
クリーンサービス
クリーニング
29 25 -4 5,247 4,589 -658 87.5%
理容・美容 26 31 5 3,067 3,443 376 112.3%
DPE・印刷
コピーサービス
15 16 1 2,774 2,252 -522 81.2%
レジャーサービス
ホテル
24 21 -3 1,255 958 -297 76.3%
自動車整備 9 10 1 4,117 4,260 143 103.5%
リース
レンタルサービス
30 27 -3 12,135 13,008 873 107.2%
学習塾
カルチャースクール
62 70 8 30,166 29,802 -364 98.8%
住宅建築
リフォーム・ビルメンテナンス
54 61 7 8,209 7,880 -329 96.0%
その他のサービス 102 105 3 26,700 28,696 1,996 107.5%
(参考)
その他サービスを
除いたサービス業
249 261 12 66,970 66,192 -778 98.8%
 
  売上高(百万円) 1店舗当たり
売上高
(千円)
2006年度 2007年度 増減 前年比
小売業合計 12,967,526 13,607,958 640,432 104.9% 159,469
飲食業合計 4,075,068 4,036,484 -38,584 99.1% 72,775
サービス業合計 2,560,985 2,659,335 98,350 103.8% 28,026
 

サービス業内訳

  売上高(百万円)
2006年度 2007年度 増減 前年比
クリーンサービス
クリーニング
116,306 113,118 -3,188 97.3%
理容・美容 90,237 98,495 8,258 109.2%
DPE・印刷
コピーサービス
53,415 47,752 -5,663 89.4%
レジャーサービス
ホテル
206,418 193,794 -12,624 93.9%
自動車整備 17,168 16,620 -548 96.8%
リース
レンタルサービス
1,006,203 942,501 -63,702 93.7%
学習塾
カルチャースクール
268,215 270,612 2,397 100.9%
住宅建築・リフォーム
ビルメンテナンス
519,008 527,895 8,887 101.7%
その他のサービス 284,015 448,548 164,533 157.9%
(参考)
その他サービスを
除いたサービス業
2,276,970 2,210,787 -66,183 97.1%

出典:日本フランチャイズチェーン協会 2007年度 FC統計調査

最新フランチャイズマーケットトレンド
執筆者:フランチャイズ研究会

バックナンバー

PAGE TOP