日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 連載コラム > 加盟店が語る!FCの魅力と成功のツボ > 「弁当店の実績ひっさげ、"田舎立地"に果敢に挑戦~技術に裏付けされた信頼感をいかに構築していくかが課題~

連載コラム

「弁当店の実績ひっさげ、"田舎立地"に果敢に挑戦~技術に裏付けされた信頼感をいかに構築していくかが課題~

[ 2009年2月12日 ]

【FC加盟店】<眼鏡専門店「オンデーズ」豊岡店オーナー 朝倉敏夫さん(52歳)>

朝倉敏夫さん 「オンデーズ」豊岡店
写真左:朝倉敏夫さん 写真右:「オンデーズ」豊岡店

 「日本で一番辺鄙な所にある眼鏡屋」とオーナーの朝倉敏夫さんが自認するオンデーズ豊岡店。国道沿いにあるものの、「トンネルを抜けてすぐに加え、インカーブなので視認性に難あり」とFC本部から判断された案件。本部の田中修治社長も現地を視察した上での結論でした。それでも朝倉さんは出店を断念しません。「責任は自分で取るからぜひ出店させてほしい」と強く要望し、出店にこぎつけた思い込みの強い店がこの豊岡店なのです。
朝倉さんが辺鄙なロードサイド出店にこだわった背景にはそれなりの"勝算"があったからです。オンデーズ開店までに、すでに弁当店(本家かまどやのFC)を3店、同エリアに出店し、軌道に乗せているという実績です。
 「周囲は何もないロードサイドに弁当屋を開きましたが、半年で但馬地区一番の店になりましたね。立地が悪くとも努力すれば必ずお客様は増える、と確信したのはそれからです」と語る朝倉さん。かまどや本部からは「もう1店」を勧められましたが、「弁当屋はコンビニ含め過剰気味と判断。何か違うことをやりたいと思ったのです」。
 結果、たどり着いたのが眼鏡店。地元にある眼鏡店は高すぎると常々感じていたし、興味もあった朝倉さんはいろいろなFC店を研究した末にオンデーズを選択したのです。
 「オンデーズを選んだのは、安くて品質もいいと感じたから。3プライス(5250円、7350円、9450円)もお客様には分かりやすくていいですね」。
 豊岡店への投資額は3338万円。うち大部分が銀行借り入れで、5年返済の予定です(土地は以前に購入済み)。「よくこんな場所にこれだけつぎ込んだなと言われますが、気にしません。安くていい店ができればお客様のためになる、と信じています。私は地元に新しい風を吹かせたいのです」。利益追求より「店の使命感のための出店」と言ってもいいでしょう。とはいえ弁当店のオーナーが初めて手掛ける眼鏡店ですから、苦労はつきません。
 「開店前からみっちり1カ月、社員1名研修を受けさせましたが、それで済むものではありませんね。お客様一人ひとりの症状も違いますから、その対応が難しい。検眼の技術も分かりにくい面があり、ちょっと甘く見ていた部分があります」とは開店1カ月後の反省点。「ですから、開店1カ月の予定で本部から派遣されたスーパーバイザーをもう1カ月延長してもらいました」。
 技術面の課題はあるものの、開店20日で月次予算をクリアするなど快調な出足です。「お客様の反応はいいし、客層も広いですね。中心は40~50代の男性客で、今後は女性客(4割)をもっと増やしていきたい。そのためにも日々心掛けているのはお客様との信頼関係の構築です」。朝倉さんは1年後を目途にもう1店視野に入れており、「できればオンデーズで3店はやりたいですね」と目標を語ります。


●オンデーズFC本部のホームページ
http://www.owndays.co.jp/index2.php

【朝倉敏夫さんプロフィール】

1956(昭和31)年、兵庫県豊岡市生まれ。高校卒業後、神戸製鋼所に入社。5年間の工場勤務ののち豊岡に帰って喫茶店経営。のちレストランを火事で失い1億円の借金を抱えるが、弁当店(本家かまどや)をはじめながら、10年で返済。「本当は都会に店を出したかったが、資金がないので田舎にせざるをえませんでした。FCで成功するコツは話しをよく聞き、店もよく見て回り、いいFCを選ぶことにつきます」。

(2008年12月取材 流通ジャーナリスト・藤木亮)→筆者紹介

「オンデーズ」豊岡店 データ

■加盟者・ビジネスパートナー概要

法人名・オーナー名(年齢):朝倉敏夫(52歳)
本業:弁当FC店(本家かまどや)3店の経営
社員数:18人(オンデーズは1人)
設立年:1993年
年商(FC事業実績) 約1億円

■店舗概要

店名:「オンデーズ」豊岡店
電話番号:0796-20-6174
店舗住所:兵庫県豊岡市日撫358-7
店舗アクセス方法(最寄駅など):JR山陰本線豊岡駅より国道178号線宮島交差点右折し、トンネル抜けてすぐの左側
FCの開業年:2008年11月30日
店舗坪数、席数:22坪
立地条件(駅前、郊外型など)、営業時間:ロードサイド 10:00~19:00
開業資金:約3,338万円

■標準店(インショップ型15坪)の月次収支モデル

売上高4,500,000円
原価1,800,000円
人件費800,000円
地代家賃
リース料
減価償却費300,000円
水道光熱費
ロイヤルティ135,000円
その他経費900,000円
営業利益565,000円

※データに関しては、加盟店、店舗オーナーまたは本部から提出していいただいた情報をそのまま掲載しています。
※加盟店オーナーのご意見は貴重ですが、これらは無数にあるFCビジネス・各種代理店事業に関する情報の一つです。自ら(もしくは自社)に最適なFC・各種代理店事業と出会うためには、各自で情報収集を重ねていく必要があります。

バックナンバー

PAGE TOP