日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 連載コラム > 加盟店が語る!FCの魅力と成功のツボ > 「地域性に合わせた店舗づくりで成功、今年中に4店舗目をオープン」 〜難しい買い取りをこなす目利き社員の育成が課題〜

連載コラム

「地域性に合わせた店舗づくりで成功、今年中に4店舗目をオープン」 〜難しい買い取りをこなす目利き社員の育成が課題〜

[ 2010年3月1日 ]

【FC加盟店】<リサイクルショップ「リサイクルマート」大橋店代表取締役社長 福重辰弥さん(46歳)>

福重辰弥さん
福重辰弥さん
「リサイクルマート」大橋店
「リサイクルマート」大橋店

 「リサイクルマート」は、FTC株式会社が展開する新感覚のリサイクルショップ。家具、家電、ブランド品、雑貨、古着などを中心に、従来のリサイクルショップとは一線を画すオシャレで明るい店舗が特徴で、展開を始めて8年足らずですが、加盟店は全国で約110店に達しています。

 福重さんは2006年、九州1号店でもある大橋店を福岡市にオープン、今年中には4店舗目を開店させる計画で、順調に業容を拡大させています。もともとは化粧品関係の企業に勤めるサラリーマンでしたが、「独立して何かビジネスをやりたい」と思い、10年ほど前に最初に手がけたのが、フランチャイズの古本屋でした。こちらは福岡県内にすでに4店舗を設けて、本だけでなく、音楽CDなども扱っていますが、「出版、音楽業界の市場規模の縮小もあって、当初ほどの収益が上がらなくなっていました。何か新しい事業を始めようと研究して、古本事業と共通するところもあるだろうと、『リサイクルマート』の本部を訪ねてみたのです」。 本部のある岐阜県を中心に実際に何軒かの店を見学し、「これなら自分にもできるし、将来性もありそうだ」という手応えを感じて、加盟を決断したそうです。

 実際に仕事を始めてわかったのは、古本屋に比べて、扱う品目が圧倒的に多く、買い取り価格を見極めるのがとても難しいということ。「書籍であれば定価があって、発行の時期も記載されているので、アルバイトでも買い取り価格はわかるようになっています。家具や衣料品などは定価どころか、メーカーがわからないことも多く、買い取り価格を決める際、従業員の能力に負う部分が大きいのです。本部研修や現地研修で知識を習得するとともに、自分たちで情報を蓄積し、確かな"目"を養う必要があると痛感しました」。

 大橋店のオープン直後は目新しさもあってか、順調なスタートに見えましたが、半年間はほとんど利益が出ませんでした。その後、成功店の事例を研究したり、周辺の競合店を見学し、地域性、客層に合わせて商品を買い取り、提供するようになり売り上げが伸びてきたそうです。 1号店が軌道に乗ると、多店舗化にも着手。2、3号店のある志免町、大野城市はいずれも福岡市のベッドタウンで、一戸建て、マンションの混在する住宅地です。リサイクルショップと言うと、大人が一人で来て、用が済めばすぐに帰るという所でしたが、リサイクルマートは店内の内装も明るく、導線をきちんと取って、買い物を楽しめるように工夫しています。「実際にうちの店でも子ども連れの家族客が多いですよ。それに対応しておもちゃ、子供服、90円均一商材なども扱っています」。

 さらに店舗数を増やそうとしていることもあり、目下の課題は、買い取りをこなせる"目利き"の社員を一人でも多く育てること。この業界で福岡ナンバー1、九州ナンバー1の店舗を目指して、日々精進だと話してくれました。

●リサイクルマートFC本部(FTC株式会社)のホームページ
http://www.ftcproject.co.jp

【福重辰弥さん プロフィール】

  1964(昭和39)年、福岡市生まれ。化粧品会社で販売関係の仕事に携わるが、1998年に退職。フランチャイズ古本屋のブックマートに加盟し、1号店を福岡市に出店。現在、福岡県内で4店舗を運営する。その後、2006年にはFTC㈱が運営するリサイクルマートに加盟して、現在は福岡県内に3店舗ドミナント展開している。現在は古本事業とリサイクル事業の2本柱で経営しており、売り上げも半々だと言うが、世の中の不況色が強まると、総合リサイクル事業には追い風が吹くと分析している。 

(2009年12月取材 フリーライター・蒲池明弘)→筆者紹介

「リサイクルマート」大橋店 データ

■加盟者・加盟店概要

法人名・オーナー名(年齢): (株)フェスタ 代表取締役社長 福重辰弥(46歳)

前職(または本業):FC の古本屋
社員数:20名
設立年:1998年
資本金:800万円
年商(グループ全体、FC・各種代理店事業実績):6億円(古本、リサイクルで半々)

■店舗概要

店名:リサイクルマート大橋店
電話番号:092-557-2855
店舗住所:福岡市南区塩原4-2-8
店舗アクセス方法(最寄駅など):西鉄大橋駅から徒歩5分
FC事業の開業年:2006年4月
店舗坪数、席数:130坪 (売り場100坪、駐車場14台)
立地条件(駅前、郊外型など):福岡市郊外のロードサイド
営業時間:10:00~23:00
開業資金:3,000万円

■経営実績表(平成21年度平均)

売上高1,100万円
原価400万円
人件費130万円
地代家賃94万円
リース料8万円
減価償却費
水道光熱費30万円
ロイヤルティ52万円
その他経費100万円
営業利益286万円

※データに関しては、加盟店、店舗オーナーまたは本部から提出していいただいた情報をそのまま掲載しています。
※加盟店オーナーのご意見は貴重ですが、これらは無数にあるFCビジネス・各種代理店事業に関する情報の一つです。自ら(もしくは自社)に最適なFC・各種代理店事業と出会うためには、各自で情報収集を重ねていく必要があります。

バックナンバー

PAGE TOP