日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 連載コラム > 加盟店が語る!FCの魅力と成功のツボ > 「総合レンタル業30年の実績をもって、全国FC展開に乗り出す」〜イベントの企画・運営、プロデュースまで手がけるユニークさが武器〜

連載コラム

「総合レンタル業30年の実績をもって、全国FC展開に乗り出す」〜イベントの企画・運営、プロデュースまで手がけるユニークさが武器〜

[ 2007年2月8日 ]

【FC本部】<総合レンタル業「ジャパンレントオール」代表取締役 加護洋一さん(65歳)>

 
写真左:加護洋一さん 写真右:関西第二物流センター(兵庫県三田市)

 総合レンタル事業として、30年の実績を持つジャパンリース(株)は、2006年12月1日より、ジャパンレントオール(株)に社名変更し、07年2月から本格的なFC展開を開始することになりました。

 同社の加護洋一社長は「創業当初はレンタル対象が法人と個人の両方でした。しかし、95年の阪神淡路大震災以後は個人需要が激減したこともあり、旅行・介護・ベビー用品などの個人用レンタルをやめて、レンタル取引は法人だけにしています。当初は売り上げを上げるのに苦労しましたが、次第に自治体や新聞社、そしてテレビ・ラジオ局などが主催するイベントの仕事をいただけるようになり、その後大型ステージを所有したこともあり、大イベントもこなせるようになりました。このノウハウをFC展開して全国に広げたいと思っています」と語っています。

 全国にFC展開するにあたり、07年2月に兵庫県三田市に新物流センターを新設、さらに数年後には関東にも物流拠点を開設する予定とのことです。

 「わが社のユニークな点は、イベントの企画・運営、プロデュースから、人材派遣や警備などの運営部門までも引き受けることです。また、イベント収支のリスクまで引き受けて仕事を受注します。他社にはないこのやり方が、確実に信用を得ることにつながっています。最近では、赤穂市の忠臣蔵300年祭記念のモーニング娘。コンサート(3万5,000人)、神戸市の震災10周年ファイナルイベント(神戸スタジアムで1万5,000人)、姫路市と周辺4町の合併記念式典(三の丸広場1万5,000人)などの大イベントを成功させました。このような大きなイベントを受注できるのも、当社が所有する大型舞台装置や企画・運営、プロデュース、警備までもてがけるというユニークなレンタル企業として評価されているからでしょう」

 しかし、事業の中心は、展示会、博覧会、区町村単位の祭事、運動会、選挙、などの中・小規模なもので、これが業務の約70〜80%、そして企業の社宅や単身赴任のためにレンタルする生活用品が10〜20%、オフィス関連用品が5〜10%になっています。

 「これまでは、直営の5事業所(兵庫県姫路・神戸、大阪、京都、東京)で事業展開してきましたが、レンタル設備や什器などを自社開発してきたものを大量に海外で生産する目途がたったことと、物流拠点新設を機に全国にFC加盟店を募集することにしました。ただ、当初在庫や、その後1年未満の追加在庫などで、まとまった資金が必要なため加盟店の対象は法人となります。もっとも、レンタル備品は1点につき10万円まで経費計上できるなどの節税効果もあります。50坪位の土地を所有されていれば遅くとも3年後には黒字になります。FC展開の目標は2011年までに60事業所で、株式上場を目指しています」と、加護社長は自信のほどを語ってくれました。


●ジャパンレントオール株式会社のホームページ
http://www.japan-rent-all.com/

【加護洋一さん プロフィール】
1964年立命館大学卒業後、実家の青果卸売業に就職。66年にレンタカー事業を開始(78年廃業)。77年に総合レンタル事業のジャパンリース有限会社設立。92年株式会社に組織変更し代表取締役に就任。2006年1月フランチャイズ本部準備室開設。同年12月ジャパンレントオール株式会社に社名変更。07年2月に兵庫県神戸市西区に本社移転とともに新たな物流センターを開設予定。


(2006年12月6日取材 ライター・住吉元)→筆者紹介


「ジャパンレントオール」 データ

■FC本部概要
法人名・代表者名(年齢):ジャパンレントオール(株) 加護洋一(65歳)
所在地:神戸市西区玉津町高津橋467-1
社員数:52名
設立年:1977年
資本金:2億1,308万円
年商(グループ全体):7億3,000万円
直営店舗:5店

■開業資金

商品仕入れ1,000万円
改装および仮設棚300〜600万円
看板その他オープン費用140万円
研修費30万円(1名)
加盟金150万円
基本諸経費10万円
その他経費(事務消耗品費他)70万円
1,700万円〜

■収支予算(2年度) *加盟店所有の店舗・倉庫がある場合

売上高4,200万円
原価1,386万円
人件費1,212万円
地代家賃0
減価償却費30〜60万円
ロイヤルティ126万円
その他経費2,281〜2,311万円
営業利益541〜511万円

※データに関しては、加盟店、店舗オーナーまたは本部から提出していいただいた情報をそのまま掲載しています。
※加盟店オーナーのご意見は貴重ですが、これらは無数にあるFCビジネス・各種代理店事業に関する情報の一つです。自ら(もしくは自社)に最適なFC・各種代理店事業と出会うためには、各自で情報収集を重ねていく必要があります。

バックナンバー

PAGE TOP