日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 連載コラム > 加盟店が語る!FCの魅力と成功のツボ > 「本業の強さを武器に、2年間で一気に7店舗出店」〜毎日の清掃とティッシュ配りを徹底し、リピーター獲得図る〜

連載コラム

「本業の強さを武器に、2年間で一気に7店舗出店」〜毎日の清掃とティッシュ配りを徹底し、リピーター獲得図る〜

[ 2007年2月20日 ]

【FC加盟店】<複合カフェ「コミックバスター ルシェルシェ」高田馬場店オーナー 長島宏さん(47歳)>


「コミックバスター ルシェルシェ」高田馬場店

 建築資材搬入を中心としたアウトソーシング業を手掛けるハンズが展開しているのが複合カフェ「コミックバスター ルシェルシェ」。1号店の高田馬場店の開設(2004年12月)は偶然掛かってきた1本の電話がキッカケでした。長島宏社長はこう語ります。

 「営業の電話に出ない方針の私が、偶然にもベンチャーコントロール(FC本部アクロスの運営代行会社)からの電話に出て、営業の方の話しを聞くようになったのが今日につながったのです。営業の話しはラーメン店でしたが、いつも帰り際にコミックバスターの話しをされ、何度目かのときに実際の物件を紹介されてから真剣に検討するようになりました」

 アクロスは本部が大阪で、加盟店の多くも関西にあります。そこで、長島さんは関西に視察に出かけます。なかでも有力加盟店の「Mドライブ」の店づくりや若いオーナーの考え方に共鳴したのがコミックバスター加盟の大きな要因になりました。

 高田馬場店の10日後に2号店の池袋店もオープンですから、2億円前後の投資。経営的には大変なはずと想像されますが、「全額銀行借り入れです」と長島さん。本業の堅調さと複合カフェ事業の将来性・市場性を銀行が判断したからでしょう。

 複合カフェは粗利(ルシェルシェで8割)の高い業態ですが、初期投資の高いビジネス構造。しかも「コミック類は店に2万〜3万冊あり、それを初年度一括損金で落としますので赤字にならざるを得ません。2年目から黒字転換という構造です」。

 高田馬場店でいえば、オープン4カ月ほどで月次ベースの黒字になりました。これはコミックバスターの平均(3〜6カ月)に相当します。「店を軌道に乗せる最大のカギはリピーターづくり」と強調する長島さん。そのため、毎日の清掃から始まって、駅前での販促(ティッシュペーパーの手配り、月に約50万円の費用)が欠かせないといいます。

 日々の運営は6人の店長が2店舗担当制で見ています。これは複眼で店を見るメリットと交代を考慮したもの。24時間営業への対応策のひとつといえるでしょう。

 ルシェルシェの出店は2005年に一気に4店(下北沢2、大宮、川越)、2006年1店(12月、所沢)。「年度によってバラツキはありますが、現在までに7店舗を出しました。これは条件に合う物件次第だからです。店は都内と埼玉県のみですが、これも物件の結果。出店地もこだわりませんが、本社のある渋谷にはぜひ出したいですね」。

 ルシェルシェ事業部としての中期5カ年計画では売上高10億円が目標。店舗数は「10店では無理なので、10数店になりそう」と長島さん。ちなみに2007年6月期で同事業部の売上高は5億円強と見込んでいます。

 最後にFC加盟志望者に一言。「FCショーは2回見たし、研究は常にしております。アクロスは本部の自由度が高く、画一的でないのがいい。何よりFC本部選びが大切です」。


●コミックバスターFC本部(アクロス)のホームページ
http://www.v-buster.co.jp


(2007年2月取材 流通ジャーナリスト・藤木亮)→筆者紹介


「コミックバスター ルシェルシェ」高田馬場店 データ

■加盟社概要
法人名・オーナー名(年齢):(株)ハンズ代表取締役 長島宏(47歳)

■店舗概要
店名:コミックバスター ルシェルシェ高田馬場店
電話番号:03-3227-9188
店舗住所:東京都新宿区高田馬場4-11-10 テオリア高田馬場5階
店舗アクセス方法:JR山手線・地下鉄東西線高田馬場駅下車徒歩3分
FC・各種代理店事業の開業年:2004年12月
店舗坪数、席数:95坪、71席
立地条件(駅前、郊外型など)、営業時間:駅前立地 24時間営業
開業資金:1億1,000万円

■経営実績表(2006年12月)

売上高8,844,954円
原価1,497,502円
人件費1,974,735円
地代家賃1,900,000円
リース料
減価償却費833,924円
水道光熱費427,634円
ロイヤルティ263,690円
その他経費772,544円
営業利益1,174,925円

※データに関しては、加盟店、店舗オーナーまたは本部から提出していいただいた情報をそのまま掲載しています。
※加盟店オーナーのご意見は貴重ですが、これらは無数にあるFCビジネス・各種代理店事業に関する情報の一つです。自ら(もしくは自社)に最適なFC・各種代理店事業と出会うためには、各自で情報収集を重ねていく必要があります。

バックナンバー

PAGE TOP