日経メッセ > フランチャイズ・ショー > 連載コラム > 加盟店が語る!FCの魅力と成功のツボ > 「利益率の高さとローコスト運営が加盟の動機」〜黒字基調になったが、平日の客数アップが悩みの種〜

連載コラム

「利益率の高さとローコスト運営が加盟の動機」〜黒字基調になったが、平日の客数アップが悩みの種〜

[ 2008年2月6日 ]

【FC加盟店】<複合カフェ「コミックバスター」シャルム五反野店専務取締役 千克きさん(46歳)>
※きは火へんに軍

 
写真左:千克きさん(※きは火へんに軍) 写真右:「コミックバスター」シャルム五反野店

 パチンコホールや中華料理店を中核にして年商130億円の明徳企業グループですが、複合カフェ(ネットカフェ)進出は初めて。FC本部アクロスからのFAXを偶然見たのがキッカケでした。「たまたま私がFAXを見て興味を持ち、説明会に行ったのが出発点です。利益率が高いのとローコスト運営が魅力でした。しかも、足立区の五反野に倉庫代わりに使っていた物件があったのも幸いしましたね」と千さんは言います。

 アクロスのブロックバスターに出会うまではネットカフェに行ったこともなかった、という千さん。「オタク的なイメージもあって半信半疑で高田馬場店を見学したのですが、認識を改めました。綺麗な店づくりで、オーナーの話しも納得できるものでしたから」。

 加盟の話しが出てからオープンするまでわずか4カ月。その間に店長を決め、研修も受けねばなりません。「店長は隣のパチンコ店でバイトしていた人にしました。人柄がいいとパチンコ店からの推薦があったからです。その店長と私の2人が研修を受けましたが、何より教育マニュアルの新鮮さに驚きました。研修講師にびしびし鍛えられましたし」。ちなみに、本部が五反野店を推薦する理由は「店長の教育レベルが高いこと」。

 オープン以来心掛けていることは「安心して利用できる店づくり」。最近は"ネットカフェ難民"などと言われて世間の眼も厳しくなっていますから、なおのこと「安心・安全で清潔なネットカフェ」が求められています。そして、経営的には客数アップと固定客化による単月の黒字化が求められています。

 「オープン以来、苦労の連続でまだまだ納得できる数字ではありません。しかし予定より遅れましたが、1年ちょっと過ぎて単月の黒字化が達成できるようになりました」

 店のある五反野は東京・足立区とはいえ、郊外に近い立地。24時間営業ながら、一見客は少なく、深夜の入店もまばらという立地特性。ですから、いかに客数アップを図り、固定客化を図るかが売り上げ向上の最大のカギです。

 「集客のためにオープン当初からティッシュ配りを続けています。時にはパチンコ店と一緒のチラシもまきますし、各種イベントもマンネリにならいよう気をつけながら実施しています。店独自で映画の無料配信も始めました。ペプシのドリンクバー導入も好評です」

 現在、土日は200人弱、平日は130人ペースで推移しているそうです。「戦略的には平日と女性客(現状3割)の客数アップが課題。今後は団塊世代の取り込みも課題ですね。3年以内の投資回収が本部の計算ですが、4年はかかりそう」と千さん。2号店の候補地として群馬県伊勢崎市の郊外に自社物件(100坪)がすでにあり、出店も可能な状態にあります。そのためにもまずは、1号店の完全黒字化(軌道化)を目指しています。


●コミックバスターFC本部(アクロス)のホームページ
http://www.v-buster.co.jp/

【千克きさん プロフィール】
1961(昭和36)年、東京生まれ。83年大学卒業後、台北の大学に1年間語学留学。「一族の親戚が台湾にいることも大きな理由でした」。帰国後、グループ会社の中日産業に入社し、パチンコホールの経営に携わる。FCを2年あまり経験した教訓は「本部に過剰な期待はいだかないこと。むしろ本部を利用して情報収集を心掛けることです」。


(2007年12月取材 流通ジャーナリスト・藤木亮)→筆者紹介


コミックバスター「シャルム」五反野店 データ

■加盟社概要
法人名・オーナー名(年齢):中日産業(株)代表取締役社長 千克明(59歳)
本業:遊技場経営
社員数:47名
設立年:1966年8月
資本金:3,600万円
年商:29億4,200万円

■店舗概要
店名:コミックバスター シャルム五反野店
電話番号:03-3849-0077
店舗住所:東京都足立区弘道1-2-20 ラ・フレーヌGS
店舗アクセス方法:東武伊勢崎線五反野駅下車徒歩1分(パチンコ店隣)
FC事業の開業年:2006年2月
店舗坪数、席数:70坪(61席)
立地条件(駅前、郊外型など)、営業時間:準郊外の駅前立地 24時間営業
開業資金:約7,220万円

■経営実績表(2007年8月)

売上高5,308千円
原価816千円
人件費1,511千円
地代家賃700千円
リース料536千円
減価償却費
水道光熱費320千円
ロイヤルティ159千円
その他経費277千円
営業利益989千円

※データに関しては、加盟店、店舗オーナーまたは本部から提出していいただいた情報をそのまま掲載しています。
※加盟店オーナーのご意見は貴重ですが、これらは無数にあるFCビジネス・各種代理店事業に関する情報の一つです。自ら(もしくは自社)に最適なFC・各種代理店事業と出会うためには、各自で情報収集を重ねていく必要があります。

バックナンバー

PAGE TOP