日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > ホットケーキ店、FC展開、WDI、神奈川にまず2店。

日経の紙面から

ホットケーキ店、FC展開、WDI、神奈川にまず2店。

[ 2012年5月9日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 WDIはホットケーキや卵料理などの朝食料理を専門に出すカジュアルレストラン「エッグスンシングス」の展開に乗り出す。日本での運営権を持つ企業とフランチャイズチェーン(FC)契約を結んでおり、6〜7月に神奈川県にまず2店出す。国内ではこうした形態の店は珍しく、需要開拓の余地は大きいと判断した。2016年までに最大で5店を設ける。

 エッグスンシングスは1974年に米ハワイで創業。朝に限らず、昼や夜も朝食料理が食べられ、現地での知名度は高い。国内では2010年3月に東京・原宿に出店。若い世代に支持され、業績は堅調という。

 WDIは自社で展開しても安定した売り上げを確保できるとみて、同店を運営するエッグスンシングスジャパン(東京・渋谷)とこのほどFC契約を結んだ。

 WDIとしての1号店は横浜・山下公園前のホテル「スターホテル横浜」に6月15日に開く。店舗面積は約215平方メートルで、客席は96。イチゴとホイップクリームをのせたホットケーキ(1050円)などメニューは原宿の店とほぼ同じにする。想定客単価は1400円前後で2億4千万円の年間売上高を目指す。2号店は神奈川県藤沢市に7月15日に出す予定。

ニュースの最新記事

PAGE TOP