日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > セブンイレブン・マレーシア上場、3年で600店出店。

日経の紙面から

セブンイレブン・マレーシア上場、3年で600店出店。

[ 2014年5月31日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 【クアラルンプール=CK・タン】マレーシア最大のコンビニエンスストア、セブンイレブン・マレーシア・ホールディングスは30日、マレーシア証券取引所に株式を新規上場した。上場に伴う公募増資などで約2億2600万ドル(約230億円)を調達。2016年までの3年で計画する約600店の新規出店や1600近い既存店の一部の改装などに充て、競争力の向上につなげる。

 初値は1・45リンギ(約46円)と公開価格を5%上回った。同社の幹部は上場セレモニー=写真=の記者会見で「初値にプレミアムがつき、当社の強力な経営基盤を市場が認めてくれたのは非常に喜ばしい」と述べた。

ニュースの最新記事

PAGE TOP