日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > コンビニ納付PR、年金保険料、5万店にポスター。

日経の紙面から

コンビニ納付PR、年金保険料、5万店にポスター。

[ 2014年6月11日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 日本フランチャイズチェーン(FC)協会に加盟するコンビニエンスストア11社は、コンビニでの国民年金保険料の納付を啓発するため、今月中旬から店内などにポスターの掲示を始める。全国約5万店のコンビニが対象となる。若年層を中心に納付率が下がっており、コンビニなどでも手軽に払い込みができることを周知する。

 東京都豊島区の学習院大学内にある「セブンイレブン学習院大学店」で9日、セブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長と小泉進次郎内閣府政務官らがポスターを掲示した。

 井阪社長は「身近にあるコンビニで支払いができることをPRし、国民年金保険料の納付率を上げることに寄与したい」と語った。

ニュースの最新記事

PAGE TOP