日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > 電子マネー、利用増続く、4月決済件数37%増、増税で販促、効果。

日経の紙面から

電子マネー、利用増続く、4月決済件数37%増、増税で販促、効果。

[ 2014年6月8日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 主要6電子マネー(前払い式)の4月の決済件数は前年同月比37・7%増の3億5511万件と過去最高となった。3億5000万件を突破するのは初めて。小銭で支払うのを面倒に感じる人などが、増税を機に電子マネーを利用し始めたことが背景にあるようだ。

 日本経済新聞社が各社に聞き取り調査した。決済件数が最も伸びたのは東日本旅客鉄道が発行する「スイカ」で56%増。セブン&アイ・ホールディングスの「ナナコ」も同55・6%伸びた。

 セブン&アイは増税後の需要増をにらみ、入会すると最大300ポイントがもらえるキャンペーンなどを実施。4月末時点の発行枚数は約3073万枚で、前月から約196万枚伸びた。ナナコを使って買い物するとポイントが2倍になるキャンペーンも実施し、決済件数も伸ばした。

 決済件数ではイオンの「ワオン」が前年同月比26・2%、西日本旅客鉄道の「イコカ」が26・7%、東京メトロの「パスモ」が12・2%伸びた。楽天系の「楽天Edy(エディ)」は0・3%増。件数はさほど伸びていないが「単価が上がっている」(楽天)という。

【表】主要6電子マネーの決済件数         

〓〓   発行枚数と拠点数は4月末現在。カッコ内は前年同月比増減率、%   〓〓

   決済件数〓(万件)   発行枚数〓(万枚)   利用可能拠点数(カ所)

ワオン   8,360(26.2)   4,060(25.3)   185,000(14.9)

ナナコ   11,200(55.6)   3,073(39.6)   143,900(16.0)

楽天Edy   3,210(0.3)   8,200(8.0)   375,000(5.9)

パスモ   2,112(12.2)   2,530(11.6)   251,000(19.0)

スイカ   10,154(56.0)   4,479(10.0)   250,510(19.0)

イコカ   475(26.7)   940(16.5)   250,510(19.0)

(注)スイカの発行枚数は買い物の支払いに利用できない分を除き、決済件数は西日本鉄道「ニモカ」などの交通系を含む         

ニュースの最新記事

PAGE TOP