日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > 「コカ・コーラ」がセブン専用商品、特定チェーン向け初。

日経の紙面から

「コカ・コーラ」がセブン専用商品、特定チェーン向け初。

[ 2014年6月27日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 セブン―イレブン・ジャパンは30日、「コカ・コーラ」の独自商品を販売する。コカ・コーラグループが同ブランドで特定の小売りチェーン向けに専用の商品を出すのは初めて。セブンイレブンは全国に約1万7千店という店舗網を持つ。世界ブランドのコカ・コーラもコンビニの圧倒的な販売力を重視せざるを得なくなってきた。

 セブン専用の「コカ・コーラ レモン」は数量限定商品とし、全国の店舗で3カ月程度扱う見通し。通常のコカ・コーラと同じ1本151円(500ミリリットル入りペットボトル)で販売する。コーラ飲料で世界最大手のコカ・コーラが特定チェーンに絞った商品を造るのは世界でも珍しい。

 セブンイレブンは2014年度も過去最高の1600店の出店を計画する。店舗数は国内のコンビニで最多。食品メーカーが専用商品やプライベートブランド(PB=自主企画)を供給すれば、セブンは商品を売り場の目立つ位置に置くなど優先して扱ってくれる。

ニュースの最新記事

PAGE TOP