日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > セブン・カードサービス磯辺俊宏氏――「ナナコ」グループ外に広げる、小銭不要で利用増える(ニュースの主役)

日経の紙面から

セブン・カードサービス磯辺俊宏氏――「ナナコ」グループ外に広げる、小銭不要で利用増える(ニュースの主役)

[ 2014年9月2日 / 日経産業新聞 ]

 セブン&アイ・ホールディングスは1日、電子マネー「nanaco(ナナコ)」をグループ外企業のネット決済でも利用できるようにした。非接触IC技術「FeliCa(フェリカ)」を搭載したスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、ナナコをかざすと決済が完了する。

 運営会社セブン・カードサービス(東京・千代田)で電子マネー開発部を担当する磯辺俊宏執行役員は「利用範囲を広げ、より利便性を高めたい」と意気込む。第1弾として日本マイクロソフトのゲーム機「Xbox(エックスボックス)」のゲーム内の課金などで使えるようにする。

 売り上げ全体に占めるナナコの決済はまだ少ないが「消費税増税後、小銭を使わずに済むとして利用が増えている」。追い風を生かし、決済手段として存在感を高めていく考えだ。(長田真美)

 いそべ・としひろ 1980年イトーヨーカ堂入社。2005年アイワイ・カード・サービス(現セブン・カードサービス)取締役、10年から現職。

ニュースの最新記事

PAGE TOP