日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > 駅でコンビニコーヒー、「ニューデイズ」、まず40店、100円で。

日経の紙面から

駅でコンビニコーヒー、「ニューデイズ」、まず40店、100円で。

[ 2014年10月1日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 東日本旅客鉄道子会社のJR東日本リテールネット(東京・新宿)は駅構内で運営するコンビニエンスストア「ニューデイズ」で10月からいれたてコーヒーを本格的展開する。価格は100円で、ドトールコーヒーとコーヒー豆のブレンドなどを共同開発した。まず首都圏の主要な駅にある40店に専用のマシンを導入して販売、年内には70店まで広げる考えだ。

 「エキナカフェ」のブランド名でいれたてコーヒーを始める。9月からJR渋谷駅など数駅で試験的に販売していたが、店内のデザートやパンなどとのついで買いにつながるため、10月から販売店舗を拡大していく。

 店頭にある専用のマシンを使って購入者が自分でコーヒーを入れる仕組み。ホットとアイスの2種類(ともに170ミリリットル入り)をそろえた。ドトールコーヒーと商品を開発。アラビカ豆のブレンドを調整することなどにより、日常的に飲んでも飽きないような渋みと後味のすっきり感を出したという。

ニュースの最新記事

PAGE TOP