日経メッセ > フランチャイズ・ショー > ニュース > コンビニ売上高、10カ月連続増加、1月1.0%プラス。

日経の紙面から

コンビニ売上高、10カ月連続増加、1月1.0%プラス。

[ 2016年2月24日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 日本フランチャイズチェーン協会が発表した2016年1月のコンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで7502億円と前年同月より1・0%増えた。前年実績を上回るのは10カ月連続。中旬以降は寒気の影響で低温の日もあったが、全国的に平均気温が高く来店客数を押し上げた。

 既存店客数は0・6%増と2カ月連続、平均客単価は0・3%上昇と10カ月連続で、それぞれ前年比プラスとなった。

 商品別では、いれたてコーヒーや弁当、総菜などの日配食品が2・5%増と堅調。ソフトドリンクやアイスクリームなどの加工食品も気温が高かったことなどの影響で、2・8%増えた。一方でたばこや雑誌など非食品は2・7%減だった。

ニュースの最新記事

PAGE TOP