セミナー

メガジーセミナー<地方都市の成長戦略>

[ 2020.01.10 ]

13:00〜13:40

【講演1】
フランチャイズビジネスと出逢って〜株式上場とこれから〜

●講師:長谷川 勝也氏
エコノス(北海道) 代表取締役社長

長谷川 勝也氏

エコノス 代表取締役社長

■略歴
1966年 6月北海道北見市生まれ
1990年 国士舘大学政経学部経済学科卒業
1992年 北見シグナス商事株式会社(現当社)入社同社監査役
1993年 同社取締役営業本部長
1995年 当社代表取締役社長(現任)
2011年 マイクライメイトジャパン株式会社(当社子会社) 代表取締役社長
2019年 ブルードットグリーン株式会社(旧マイクライメイトジャパン株式会社)取締役会長(現任)

■その他の経歴
2002年 社団法人北見青年会議所 副理事長
2005年 社団法人日本青年会議所北海道地区協議会 運営専務
2006年 社団法人日本青年会議所北海道地区協議会 監事
2009年 カーボン・オフセット活用型森づくり制度設計委員会 委員(北海道)(任期3年)
2009年 「北海道における国内クレジット活用によるCO2排出削減モデルの検討調査」に関する有識者委員会 委員(任期2年)(経済産業省北海道経済産業局)
2010年 国内クレジット制度ネットワーク形成検討会 委員(経済産業省北海道経済産業局)(任期1年)
2011年 カーボンオフセット協会 会長(2015年4月まで)
2012年 カーボン・オフセット活用型森林づくり制度運営委員会 委員(北海道)(任期2年)
2013年 北海道カーボン・アクション・フォーラム運営委員会 委員(北海道)
 北海道カーボン・アクション・フォーラム企画部会 委員(北海道)
 一般財団法人 東亜総研 理事(2017年まで)
2016年 札幌商工会議所 健康・文化部会 分科会長(任期3年)
2017年 一般社団法人カーボンオフセット協会 顧問(現任)


家電量販店FCを祖業とする当社は、ハードオフやブックオフなどリユース商品を扱う業態のFCに進出し、現在は北海道内に66店舗を展開。2015年には株式上場を果たしました。エリア特性などを踏まえた事業展開や、今後の成長を見据えた新規事業などについてお話しします。

13:40~14:20

【講演2】
フランチャイズで目指すサステナブル企業

●講師:河端 徽岳氏
アース(石川県) 代表取締役社長

20歳で建設業として創業し31年。地方での成長戦略としてFCを選び、外食・美容・介護等に参入。更にFC周辺の他ビジネスを自社オリジナル業態として開発し、FC22店舗+自社業態19拠点のバランスを保ち、サステナブルな企業を目指しています。

14:20〜15:00

【パネルディスカッション】

●パネリスト:
河端 徽岳氏
アース 代表取締役社長
長谷川 勝也氏
エコノス 代表取締役社長


●モデレーター:土屋 晃氏
アセンティア・ホールディングス CEO

土屋 晃氏

アセンティア・ホールディングス CEO

1965年 神戸市生まれ。同志社大学法学部法律学科卒業

1991年、情報サービス会社にてフランチャイズ(以下FC)支援事業に参画。
支援したFC本部20社中、7社を株式上場に導く。主な支援先として、サンマルクホールディングス(サンマルクカフェ等)、レインズインターナショナル(牛角、とりでん等)、ガリバーインターナショナル、フジオフードシステム(まいどおおきに食堂等)、ゴルフパートナー、ウィズリンク(最強豚骨ばり馬等)などなど多数。

1995年、株式会社プライム・リンク(現、アスラポート ダイニング)創業。
FC加盟店事業、FC本部事業ともに経験し、日本全国に直営、FC加盟店舗を合わせて最大15ブランド約500店舗の飲食店舗を展開。

2001年、創業から約6年でナスダックジャパン(現、東証)に株式上場。
2006年、同社代表を退任後、株式会社アセンティア・ホールディングス創業。
FC先進国アメリカのFC本部数社で研修を受け、最先端のFCノウハウを習得。

2010年、シンガポールに現地法人を設立。
シンガポールを拠点に、世界各国にパートナー企業を持ち、現地を足で歩いて築いたネットワークで日本企業の世界進出に関する総合支援を中心に活動中。
現在、西はサウジアラビア(リヤド)から、東はカナダ(トロント)まで、17カ国で約160店舗を海外に展開している。

過去にはJETRO日本のコーディネーター、クールジャパンファンドの審議メンバーとしても活躍した。

著書「アジアで飲食ビジネスチャンスをつかめ!」(カナリア書房)

セミナーの最新記事