日経メッセ > 社会インフラテック > セミナー > 【クロージング】「インフラメンテナンスの次代に向けたブレイクスルー ~ボトルネックとそれを乗り越える方法~」

セミナー

【クロージング】「インフラメンテナンスの次代に向けたブレイクスルー ~ボトルネックとそれを乗り越える方法~」

[ 2018年10月24日 ]

社会インフラテック2018のクロージングセッションとして、インフラメンテナンス次代へのブレイクスルーをテーマに、現状のボトルネックとそれを乗り越える方法を探ります。具体的には①技術開発を社会実装につなげる②更新・補修へのPDCAサイクルを回す③メンテナンス産業のクラスターをつくるの3つのテーマで各分野の識者が議論。次代のブレークスルーを起こすための提言を行います。


政策研究大学院大学 教授 家田 仁氏
(略歴)

東洋大学情報連携学部 教授 渡邊 朗子氏
(略歴)

富山市 建設技術統括監 植野 芳彦氏
(略歴)

国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課 課長 丹羽 克彦氏

(司会)
日経BP総研 社会インフラ ラボ所長 安達 功氏
(略歴)

セミナーの最新記事

PAGE TOP