SDGs Week
エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz
日経メッセ > 社会インフラテック > セミナー > 【技 術】社会インフラ健康診断 老朽化の現状とメンテナンスの必要性

セミナー

【技 術】社会インフラ健康診断 老朽化の現状とメンテナンスの必要性

[ 2018年10月24日 ]

(公社)土木学会では、2016年から社会インフラ健康診断書を毎年公表しており、2016年度は道路部門として橋梁・トンネル・路面(舗装)の結果を公表し、2017年は河川部門(堤防・河川構造物・ダム本体)と下水道部門(管路)、2018年度は港湾部門(係留施設)の結果を公表しました。インフラの健康診断結果から見える老朽化の現状と、維持管理・更新を行う上での課題の解決に向けて社会全体として求められる事項の説明を行います。


名古屋大学 工学研究科土木工学専攻 教授 中村 光氏
(略歴)

セミナーの最新記事

PAGE TOP