SDGs Week
エコプロ
社会インフラテック
気候変動・災害対策Biz
日経メッセ > 社会インフラテック > セミナー > 社会インフラのモニタリング技術の紹介

セミナー

社会インフラのモニタリング技術の紹介

[ 2018年10月20日 ]

社会インフラの老朽化問題に関しては、適切な維持管理手法の導入により長寿命化、維持管理・更新のトータルコストの縮減・平準化を図ることが課題となっており、政府方針では、センサ、IT等を活用した社会インフラの状態の効率的な把握を可能とする新技術の開発・導入を進めることとされています。これを受け、国土交通省では、モニタリング技術に関し、産学官が連携しながら、現場実証を通じてその有用性を評価・分析すること等により技術開発等を推進するにあたって、社会インフラのモニタリング技術活用推進検討委員会を設置しました。マッチングステージでは、本委員会で検証されているモニタリング技術を紹介します。


社会インフラのモニタリング技術活用推進検討委員会事務局
国土交通省大臣官房技術調査課 課長補佐 渡邉 賢一氏
(略歴)

セミナーの最新記事

PAGE TOP