日経メッセ > JAPAN SHOP > 連載コラム > 魅力的な店舗アメニティーの創出

連載コラム

魅力的な店舗アメニティーの創出

  • 「空気感」の研究
    「空気感」の研究

    [ 2013年2月25日 ]

    人工物と自然物の融合  小売店舗やそれの集積であるショッピングモールの魅力を引き立てる重要な要素に、「空気感」があると筆者は常々考えている。米国のショッピングモールの中でも、ライフスタイルセンターが人...

  • テーマ性のある建造物のデザイン
    テーマ性のある建造物のデザイン

    [ 2012年12月28日 ]

    不可欠な「建築デザインのテーマ性」  商業施設のアメニティーを構成する重要な要素として、「建築デザインのテーマ性」がある。統一したテーマやコンセプトに基づく個性的な建造物群から形成される施設は、われわ...

  • ムービングサロン ―高度なアクセシビリティの創造―
    ムービングサロン ―高度なアクセシビリティの創造―

    [ 2012年2月29日 ]

    「動くブティック」の始動  わが国では、超がつくほどの高齢化や東日本大震災などにより、小売店舗へのアクセスに難儀を感じる人々が増えている。とりわけ高齢者の中は、「買い物難民」という言葉に象徴されるよう...

  • アーバン・アメニティー:CIAL PLAT
    アーバン・アメニティー:CIAL PLAT

    [ 2011年12月26日 ]

     都市の過密度の高い日本のような国で、アーバン・アメニティーを享受できるショッピングモールがある。それは、東神奈川駅ビルの「CIAL PLAT東神奈川」だ。 1.CIAL PLAT東神奈川の外観  2...

  • ライフスタイルを享受する癒しの空間
    ライフスタイルを享受する癒しの空間

    [ 2011年10月20日 ]

     近年の米国のショッピングセンターの主流は、ライフスタイルセンターである。これはかつて定番だった2核1モールの大屋根でくくられた箱型のショッピングセンターではなく、オープンエア・フォーマットを基本とす...

  • ライフスタイルの創造

    [ 2011年1月28日 ]

  • 快感の創出

    [ 2010年10月6日 ]

  • 五感に訴えるアメニティー

    [ 2010年7月26日 ]

  • 1
野口 智雄
執筆者:野口 智雄

野口 智雄略歴

早稲田大学 社会科学総合学術院 教授。日本ショッピングセンター協会顧問。1956年、東京都に生まれる。84年、一橋大学大学院博士後期課程単位修得。その後、横浜市立大学助教授を経て、92年に早稲田大学助教授。93年から現職。2006年3月から2008年3月まで、客員研究員としてスタンフォード大学経済学部でマーケティング、流通の研究を行う。88年、『現代小売流通の諸側面』 で日本商業学会賞を受賞。
主な単著に『マーケティングの基本(第三版)』(日本経済新聞出版社)、『マーケティング戦略』(日本経済新聞社)、『マーケティングの先端知識』(日本経済新聞社)、『新価格論』(時事通信社)、『価格破壊時代のPB戦略』(日本経済新聞出版社)、『一冊でわかる! マーケティング』(PHP研究所)、『店舗戦略ハンドブック』(PHP研究所)、『流通 メガ・バトル』(日本経済新聞出版社)、『I型流通革命』(講談社)、『ウォルマートは日本の流通をこう変える』(ビジネス社)、『FREE経済が日本を変える』(中経出版社)、『水平思考で市場をつくるマトリックス・マーケティング』(日本経済新聞出版社)がある。また、近著に『なぜ企業はマーケティング戦略の誤るのか』(PHP研究所)、出演・監修ビデオに『よくわかるマーケティング(日経ビデオ)』(日本経済新聞出版社)がある。

PAGE TOP