日経メッセ > JAPAN SHOP > 連載コラム > 商空間デザイン最前線(日経デザイン編) > 第12回「ラユンヌ表参道 〜ウエディングビジネスから生活提案へ」

連載コラム

第12回「ラユンヌ表参道 〜ウエディングビジネスから生活提案へ」

[ 2003年9月26日 ]

 「これからどういう生活をしたいのか、生活に何を求めているか。お客様のニーズをヒアリングしたうえで、インテリアコーディネートや個々の商品を提案しています」。運営に携わるモックの経営企画事業企画チーム、岡田年功氏は説明する。
 例えば、店舗の規模を図る際、一般のショップならアイテム数がおおまかな目安となるが、ここでは内外約200社という契約ブランドの数がその代わりになる。全員インテリアコーディネーターというスタッフが客の要望を聞き、展示品以外の商品をカタログで紹介しながら提案することも多いからだ。この辺は、いわゆるショップというより、客のイメージをふくらませるショールームという感覚に近い。

 また家具などでは、客が当初、思い描いていたのとは異なる分野の商品を提案するようなケースも出てくる。夫婦で語り合う時間を大事にしたいからとダイニングテーブルを買いにきた客の話を聞いてみると、実は一緒に食事を取る機会が少ない。それなら、寝室のコーディネートを考えた方が効果的だろうと発想を転換させるといった具合だ。

 店舗面積456平方メートルの2階ショップは、家具や什器によって緩やかに仕切られた約10個のコーナーで構成されている。水を張った浴槽の置かれたバスコーナーにはじまり、ドイツや北欧、イタリア製の台所用品を中心に集めたキッチンコーナー、様々なテイストの家具をコーディネートしたダイニング・リビング風のコーナーが並ぶ。

 

 


 ヨーロッパだけでなく、日本や東南アジアなどの製品も多くそろえている。しかも、純粋な和とか、純粋な欧州モダニズムという組み合わせではなく、それらをあえて融合させる形で展示しているのが特徴だ。

 岩倉榮利氏が今年のミラノサローネで発表した桐のタンスにシルバーの天板を持つテーブルをコーディネートしたかと思えば、ヨーロッパ製のソファに東南アジアの若手デザイナーによるサイドボードを組み合わせる。「“ROOTS”をテーマに、日本人の感性に合うデザインや日本の生活に適したコーディネート」(岡田氏)を意識している。

 


 ラユンヌのショップは、1年前に開業した銀座店と6月オープンの横浜店に続き3店舗目。これまでは予約制を採用していたため、一般客がふらりと入れる店は表参道が初めてだ。

 運営するモックは、結婚式のプロデュースや引き出物の販売を行っている(URL:http://www.moc.co.jp/)。そもそも銀座店や横浜店を予約制とした背景には、じっくり相談しながら進めていく結婚式のプランニングや引き出物選びの延長で、その後の生活を支援していきたいという狙いがあった。

 そうした店舗を発展させる形で生まれた表参道店は、フラッグショップとしても位置づけられている。初めてキッチンやバスの製品を扱ったほか、紅茶やタオルのプライベートブランドを開発し、グリーンやアートの販売を開始。感度の高い人の集まる街という場所柄もあって、前述したように、先行した2店舗に比べてコーディネートの方法も斬新さを強く打ち出した。


 衣食住遊学をテーマにしたセミナーやイベントを随時行い、ゆくゆくはファッションや旅行、美容といった分野への進出も視野に入れている。「自分への投資をおしまない20代から30代の女性を中心に、暮らしのかたちをトータルコーディネートしていきたい」と、岡田氏は話す。

 実は、このほかに力を入れているのが、住まいや店舗のファニシング事業。目標とする年商11億円のなかで、柱となるのは一般ユーザー向けの商品販売というより、むしろB to B分野だという。

 ただ、こうした店舗戦略とは別に、セレクトショップとしての店内を巡ってみるだけで面白い。可動什器のデザインにも細部まで気配りが感じられる。ショップ自体の入り口は奥まっているのでやや分かりにくいが、口コミで伝え聞いて訪れる客も多いとか。ここでは触れられなかったが、季節ごとに展示するアートが変わる1階のカフェも、落ち着いた雰囲気だ。

 (守山久子)


■ラユンヌ 表参道・ラユンヌ カフェ:http://www.laune-life.com/
東京都港区北青山3-6-1 ハナエモリビル1・2F
(TEL:ショップ 03-6418-1130、カフェ 03-6418-1132)
営業時間 ショップ 10:30〜19:30、カフェ 10:30〜23:00
無休

商空間デザイン最前線(日経デザイン編)
執筆者:守山 久子

フリーランスライター。
1963年東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。
ゼネコン設計部、日経BP社「日経アーキクチュア」「日経ストアデザイン」「日経アート」「日経デザイン」の各編集部を経て2003年に独立。住宅、建築、デザインの分野を中心に取材・執筆を行う。著書「家族と財産を守る耐震リフォーム」(週刊住宅新聞社)、共著「デザイン・エクセレント・カンパニー賞!」「デザインエクセレントな経営者たち」(ダイヤモンド社)、「巨匠の残像」(日経BP社)。

バックナンバー

PAGE TOP