日経メッセ > JAPAN SHOP > 連載コラム > 商空間デザイン最前線(日経デザイン編) > 第57回「きらめく森を表現した世界初の旗艦店 〜スワロフスキー銀座」

連載コラム

第57回「きらめく森を表現した世界初の旗艦店 〜スワロフスキー銀座」

[ 2008年4月18日 ]

 精密なカットを施したクリスタルで有名なスワロフスキーの製品は、日本では子犬や熊など小さな動物をモチーフにした置物の印象が強い。しかし実際には、世界各国における販売高の7割はジュエリーが占めるのだという。
 日本でもこれまで以上に幅広いブランド展開を押し進める。そのための拠点として「スワロフスキー銀座」は誕生した。同社は昨2007年、従来にないデザインを施したパイロット・ストアをロンドン、香港、ボストンの3カ所に出店している。しかし、各ブランドのラインをそろえた旗艦店は、ここ銀座が初めてだ。

 「市場としての伸びしろの大きさと、確かな目を備えるユーザーの存在という点から日本に旗艦店の出店を決めた。なかでも銀座は、クリスタルのもつラグジュアリー感や、1895年に設立したスワロフスキーの歴史の長さにもふさわしい」(スワロフスキー・ジャパンの浅井美幸氏)。

 内外装のデザインは、インテリアデザイナーとして海外でも活躍する吉岡徳仁氏が手がけた。

 空間は、クリスタルのイメージそのままにキラキラと輝く質感を表現しているのが特徴だ。「クリスタル・フォレスト(森)」をテーマに掲げ、全部で3トン以上のクリスタルを用いている。

 
外観


 まず、目を引くのはステンレス製のプリズムを垂らしたファサードだ。幅9m、高さ8mの正面ウインドウを覆うように、多角形断面をもつステンレスの棒材を何千個も吊り下げた。長さを変え、幾重にも連ねたプリズムの塊は、ボリューム感をもって見る人に迫ってくる。

 店内に入ると、ここでもクリスタルのオブジェが随所でインテリアのポイントになっている。

 例えば、1階と2階をつなぐ階段の横には高さ5mというクリスタル製の滝のオブジェがそそり立つ。階段も、段板の内部に多面カットされたクリスタルを埋め込み、バックからのLED照明で浮かび上がるように見せている。オブジェと階段は組み合わさって光の束になる。

 
写真左:階段と柱状のオブジェ/写真右:柱の足元


 商品は、1階と2階でブランドを分類している。1階は、比較的手頃な価格帯の製品を集めたフロアだ。1万5000円から10万円前後のファッションジュエリーや、バッグやベルトなどのアクセサリー類、季節ごとのコレクション、ギフト用品などを並べている。

 細長い店内の両側にディスプレー棚が並び、中央にはガラスのショーケースが置かれている。天井にはクリスタル製のシャンデリアが下がり、カウンターの背後には、スワロフスキーのモチーフである白鳥がクリスタルで描かれる。

 どこを見ても、細かくきらめく光沢の素材が目に飛び込んでくる。

 
写真左:1階売り場/写真右:1階カウンター

1階のショーケースとシャンデリア


 2階では、注文仕立てを意味するクチュール・コレクションの「ダニエル・スワロフスキー」を展開している。ジュエリーは15万円から100万円程度、バッグは50万円から130万円程度といったハイラインの価格帯だ。

 このほかオーダーメイドサービスを行い、インテリア製品も並べている。採寸をするための部屋が奥にあり、くつろぎながら座って待つことのできるソファを中央に置いている。このカウチソファも、イタリアのエドラ社とスワロフスキーのコラボレーションによる製品となっている。

 2階で印象に残るのは、中央に大きな空間を配したゆとりのあるレイアウトだ。クリスタルの製品をじっくり味わうには、空間も含めた余裕が必要ということだろう。

 店舗全体の壁面はアクリル製のプリズムを並べた仕様で、間接照明やショーケースのLED照明を反射するようになっている。白い床面もカットしたクリスタルをはめ込んだテラゾー(大理石のように仕上げた人造石)で仕上げている。

 壁や広い床面は周囲の輝きを反射し、さらに増幅させていく。こうして店舗自体に日常空間とは異なる雰囲気を与え、クリスタルの商品と訪れた客を包み込む。「クリスタル・フォレスト」というコンセプトは、今後世界の各店でも展開していく予定という。


2階売り場
 
写真左:2階カウチソファ/写真右:2階のディスプレイ


 スワロフスキー銀座は「JEWEL BOX GINZA」の1階と2階、合計450平方メートルを占めている1テナントだ。上階には、美容室やエステティックサロン、オイスターバーやインターナショナルレストランなどの飲食店が入る。

 ただし、正面ウインドウの外側に設けた印象的な装飾に加え、建物の上部に「SWAROVSKI」のロゴを入れているところなど、扱いは別格。商業開発がいまだ活発な銀座にあって、商業ビルの顔となる路面店舗のブランド力を最大限に活用したつくりといえる。

 (守山久子)

■スワロフスキー 銀座:http://www.swarovski.co.jp
東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 1、2階
(TEL:03-3289-3700)
営業時間 11:00〜20:00
無休(年末年始を除く)

商空間デザイン最前線(日経デザイン編)
執筆者:守山 久子

フリーランスライター。
1963年東京都生まれ。早稲田大学理工学部建築学科卒業。
ゼネコン設計部、日経BP社「日経アーキクチュア」「日経ストアデザイン」「日経アート」「日経デザイン」の各編集部を経て2003年に独立。住宅、建築、デザインの分野を中心に取材・執筆を行う。著書「家族と財産を守る耐震リフォーム」(週刊住宅新聞社)、共著「デザイン・エクセレント・カンパニー賞!」「デザインエクセレントな経営者たち」(ダイヤモンド社)、「巨匠の残像」(日経BP社)。

バックナンバー

PAGE TOP