日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > 廃業の老舗旅館、ホテルに再生、ジェイアイエヌ関連財団。

日経の紙面から

廃業の老舗旅館、ホテルに再生、ジェイアイエヌ関連財団。

[ 2016年7月27日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 【前橋】前橋市中心部にある廃業した老舗旅館、白井屋が有名建築家の手でリノベーションされ、デザインを重視したホテルに再生されることがわかった。同市出身で眼鏡大手ジェイアイエヌ社長の田中仁氏が運営する田中仁財団が事業主体となる見通しで、建築家の藤本壮介氏がデザインを手がける。2018年に開業する予定だ。

 前橋市が明らかにした。白井屋は1688年開業の歴史ある旅館で、著名人や有力者が前橋を訪れた際の宿泊先にもなったが、2008年に廃業。建物は使われないまま残り、すでに田中氏側の企業が旧オーナーから取得している。

 前橋市の宿泊施設はビジネスホテルが大半で「市を代表する人が集う場所になってほしい」と市の担当者は話す。

 田中仁財団と前橋市はまちづくりプラン「前橋ビジョン」を作成し、8月3日に発表する予定。発表会には同市出身のコピーライター、糸井重里氏も登場。白井屋再生は同ビジョンの関連事業という位置づけになる。関連事業には、田中氏に賛同する経営者らによる米ポートランドの有名パスタ店の日本初出店や、土蔵を活用したカフェの開業などを予定している。

ニュースの最新記事

PAGE TOP