日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > ビックカメラ、アキバ進出、薬・化粧品を充実。

日経の紙面から

ビックカメラ、アキバ進出、薬・化粧品を充実。

[ 2017年4月19日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 家電量販大手のビックカメラは6月に東京・秋葉原に初めての店舗を設ける。傘下のソフマップが手がけるソフマップ秋葉原本館(東京・千代田)をビックカメラの店舗に転換する。薬や化粧品などビックカメラが得意とする商品を手厚くして売り上げ増を図る。

 ソフマップ秋葉原本館の売り場面積は、ソフマップの店舗としては最大の約5000平方メートル。パソコンやスマートフォン、ゲームの販売が中心で男性客が多い。ビックカメラへの転換により従来手薄だった女性をはじめとする新たな客層の取り込みを図る。新店舗の売上高は現在の2倍程度になると見込む。

 電気街として知られる秋葉原にはすでにヨドバシカメラやヤマダ電機、エディオンなどが出店しており、ビックカメラの参入で販売競争が激化しそうだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP