日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > 良品計画、秋冬衣料も値下げ。

日経の紙面から

良品計画、秋冬衣料も値下げ。

[ 2017年6月13日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 衣料雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は肌着やセーターなど秋冬向け衣料品の約110品目を値下げする。品目数は衣料品の11%で、下げ幅は1〜3割ほど。今年の春夏向けに続く再値下げとなる。複数の生産工場を1カ所に集約するなどしてコストを削減。節約志向が一段と強まるなか、利幅よりも客数を優先して売上高を増やす。

 秋冬向けは8月から順次、売り出す。紳士用下着は2枚で990円と昨年よりも500円下げる。従来は4カ所の協力工場で生産していたが1カ所に集約。生産効率を高め物流費や人件費を削って原価を抑えた。利益率は下がるが、値下げによる集客で販売増を狙う。

 同様に婦人用下着も同1290円と200円下げる。

ニュースの最新記事

PAGE TOP