日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > 女性集客へ売り場刷新、カンセキ、ペットや自転車も。

日経の紙面から

女性集客へ売り場刷新、カンセキ、ペットや自転車も。

[ 2017年9月27日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 【宇都宮】ホームセンターのカンセキは女性の集客を意識した店舗づくりを進める。30〜40歳代の子育て世代の女性客の取り込みを狙い、子供の肌に優しい洗剤やシャンプーの専用コーナー、アロマグッズや切り花の売り場などを設ける。少なくとも毎年1店のペースで既存店舗を改装し、顧客層の幅を広げる。

 27日に小金井店(栃木県下野市)を新装開店する。女性にとっての居心地の良い店舗づくりを目指すため、女性社員の意見やドラッグストアのデザインを参考にした。従来はコーポレートカラーの紫と白を採用していた通路案内の色を落ち着きのある紺に変更。BGMも歌詞の無い音楽からビートルズなどに変えて、買い物を楽しむことができる雰囲気にする。

 女性の集客に照準を合わせた店舗は2016年に改装開業した大田原南店(同県大田原市)に続く2店舗目となる。大田原南店は改装後の半年間、30〜40歳代の女性客が改装前に比べて10%以上増えたという。

 幅広い客層を取り込むため、小金井店ではペットホテルやトリミングなどのサービスも提供するペット専門店を導入。7月に閉店した小山店(同県小山市)から自転車専門店を移設し、自転車の品ぞろえを拡充することで若者層も取り込む。

ニュースの最新記事

PAGE TOP