日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > ファッションのネット通販、もう返品させない!!――ネット通販、購入に3つの壁、「高額」「真贋」「感性」。

日経の紙面から

ファッションのネット通販、もう返品させない!!――ネット通販、購入に3つの壁、「高額」「真贋」「感性」。

[ 2017年10月2日 / 日経MJ(流通新聞) ]

実店舗超えへ不安崩す

 実物を見ずに購入するインターネット通販には、3つの壁がある。「高額」「真贋(しんがん)」、そして「感性」だ。

 運営業者への信頼や品質保証で「高額」の壁は崩れてきた。楽天は今秋、中古車のネット通販に本格参入。プラダやグッチといった高級ブランドを扱う「ファーフェッチ」なども成長している。

 「真贋」は特に消費者同士で売買するフリマアプリで問題になるが、ここでも中古ブランド大手のコメ兵が10月にも始める鑑定サービスのような工夫が出始めた。

 自分にぴったりか、微妙な色合いや質感はどうか。ファッションのように消費者一人ひとりで異なる「感性」は、最も高い壁だ。経済産業省によると、衣類や服装雑貨のネット通販比率は1割ほど。書籍や映像・音楽ソフト、家電などが2〜3割なのに比べて低い。

 丸井グループは服や靴の試着品だけの「ショールーム」を昨秋から設けている。実物を確かめ、注文はネットでしてもらうという発想だ。ただ、足を運ぶ必要がないというネット通販本来の魅力は損なう。実店舗が少ない地方の人や、おしゃれな店に入りづらい人も、買い物はネットで完結させたい。

 自分の体形データをどこでも使えたり、購入履歴を駆使した接客を受けたりできれば、ネット通販の弱点は強みに変わる。「実店舗より自分にぴったり」な買い物ができる日も夢ではない。

ニュースの最新記事

PAGE TOP