日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > イケア、中部初の店舗、愛知・長久手に。

日経の紙面から

イケア、中部初の店舗、愛知・長久手に。

[ 2017年10月20日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 【名古屋】家具販売のイケア・ジャパン(千葉県船橋市)は愛知県長久手市に中部初の店舗「イケア長久手」を11日開業した。セブン&アイ・ホールディングスも11月、同県日進市に大規模商業施設を開く。両市は名古屋市などへのアクセスが良く人口が増えている。今後も大型店の集積が進みそうだ。

 イケア長久手はイケア・ジャパンの国内9つ目の店舗。2万平方メートルの売り場面積に約9500点の商品を並べる。年間400万人超の来場を見込み、国内では「イケア港北」(横浜市)に次ぐ売り上げを計上する店舗になる可能性がある。セブン&アイは11月下旬、同社として中部初のショッピングモール「プライムツリー赤池」を開く。

ニュースの最新記事

PAGE TOP