日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > AIスピーカーで案内、パルコ池袋店、受付業務を効率化。

日経の紙面から

AIスピーカーで案内、パルコ池袋店、受付業務を効率化。

[ 2017年11月15日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 パルコは店内の案内に米アマゾン・ドット・コムのAI(人工知能)スピーカー「エコー」を活用する。池袋店(東京・豊島)に近く導入し、テナントの場所や商品情報など約600種類の問い合わせに対応する。スピーカーの導入により、受付の業務負担を減らすほか、案内の効率化につなげる。

 エコーは米国で既に販売されており、このほど日本でも発売された。一般向けには天気やニュースを読み上げたり、照明を操作したりする機能がある。パルコは独自に開発したソフトウエアを使い、同店に複数配置する。導入時期や設置場所は今後詰める。

 エコーはフロアや各ブランド、トイレの場所のほか、コインロッカーや書店など店内にない情報も教える。場所がわかりやすいようスピーカーの近くにタブレットも配置する。

 パルコは新しい技術を積極活用しており、同サービスを他店に広げることも検討する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP