日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > キャッシュレス対応加速、クレカ決済、かざすだけ、ローソン、11日から全店で、支払い時間を短縮、訪日客も狙う。

日経の紙面から

キャッシュレス対応加速、クレカ決済、かざすだけ、ローソン、11日から全店で、支払い時間を短縮、訪日客も狙う。

[ 2018年9月9日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 ローソンがキャッシュレス決済サービスを拡充している。11日からクレジットカードをかざすだけで支払いができる決済を全1万4千店で導入する。コンビニエンスストア大手での全店導入は初めて。バーコードを使った新たなスマートフォン(スマホ)決済も同日から導入する。今後キャッシュレス決済のニーズが高まることを見込み、支払い手段を広げる。

 レジのシステムを更新し、11日から近距離無線通信の国際規格「NFC」に対応した非接触型クレジットカードで支払いをできるようにする。対象となるのはビザ、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレスの4社のカード。

 利用客は電子マネーでの支払いと同じ要領で、クレジットカードを読み取り端末にかざすだけで決済ができる。カードを端末に差し込んでICチップを読み取る決済に比べて支払いスピードを速くできる利点がある。

 非接触型は欧米など海外では普及が進んでいるが、国内ではまだ少ない。ただ店員にカードを渡すと情報漏洩につながると嫌う外国人観光客も多い。非接触型の決済を導入することで、増加が続く訪日客の取り込みにもつなげたい考えだ。

 クレジットカード決済でサインや暗証番号の入力が不要な金額の上限も引き上げる。これまで4千円未満だったが、1万円未満としてカード決済を利用しやすくする。非接触型の場合は、1万円以上の買い物はできず、ICチップを読み取る決済になるという。

 非接触型のクレジット決済では、イオンがビザ・ワールドワイド・ジャパンと組んで2020年までに約1万6000店で導入する計画を掲げている。セブン―イレブン・ジャパンやファミリーマートでは導入時期などを検討している段階だ。

 ローソンではキャッシュレス決済を相次ぎ広げている。11日には全店でNTTドコモの提供する「d払い」やオリガミ(東京・港)の「オリガミペイ」によるスマホ決済を利用できるようにする。スマホ画面上に表示されたバーコードをレジで示し、店員が読み取る仕組みだ。こうしたバーコード決済は「LINEペイ」「楽天ペイ」「支付宝(アリペイ)」に対応している。

 このほか客がレジに並ばずにスマホで商品のバーコードを読み取って自ら決済するサービスも広げる。同社が4月に3店で実験を始めたスマホ決済サービス「ローソンスマホペイ」を18年度中に100店に拡大する計画だ。

 ローソンではキャッシュレス決済の比率は約2割にとどまる。少額の支払いがメインのコンビニでは現金比率が高いが、今後はキャッシュレス決済の需要も高まると見込まれる。キャッシュレス決済を競合に先行して充実することで、店舗の集客力を高める考えだ。

【表】ローソンはキャッシュレス決済の手段を広げる
導入時期    支払い方法
非接触型クレジットカード決済
9月11日〜  利用客がクレジットカードを読み取り端末にかざす

d払い、オリガミペイ
9月11日〜  会計時にレジでスマホ画面に表示されたバーコードを提示する

スマホのセルフ会計
4月〜順次   利用客がスマホで商品バーコードを読み取り決済する。18年度中に100店で導入

ニュースの最新記事

PAGE TOP