日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > 三越伊勢丹、都心ビル売却、300億円、旗艦店周辺に注力。

日経の紙面から

三越伊勢丹、都心ビル売却、300億円、旗艦店周辺に注力。

[ 2018年11月27日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 三越伊勢丹ホールディングスは都心に保有するオフィスビルを約300億円で売却する方針を固めた。その一方で、旗艦店である伊勢丹新宿本店(東京・新宿)の周辺でビルを購入し、将来の再開発も検討する。業績低迷を受けて、人員削減や不採算店舗の閉鎖を加速。不動産も入れ替えを進め、強い地域に経営資源を集中する。

 27日にも発表する。売却するビルはJR新宿駅南口に近い「サウスゲート新宿」(東京・渋谷)。一方で、同物件の売却で得られる資金を見込み、伊勢丹新宿本店の近隣の商業ビルを購入した。将来の新宿地区の再開発の際などに有効活用する計画だ。

 このほかJR新宿駅西口に近いビルも購入予定で、新宿区のビルにテナント入居している本社機能を2019年に移す。東京都中央区のオフィスビルの一部も取得し、関連会社の本社機能を集約する。一連の取り組みで、家賃負担を年10億円ほど削減する。

 今回の不動産売却で固定資産売却益を計上するものの、19年3月期通期の業績見通しは据え置くもよう。20年3月末までに順次閉鎖する伊勢丹相模原店(神奈川県)など3店に絡む損失が未確定のためだ。

 三越伊勢丹は不振の店舗や事業を多く抱えたため、最終的なもうけを示す最終損益が18年3月期は9億円の赤字と8年ぶりの最終赤字に転落。19年3月期の最終損益は130億円の黒字への転換を見込むが、売上高純利益率は約1%となお低水準だ。

 昨年から早期退職金を積み増して人員削減を進めているほか、今年9月には3店の閉鎖を発表。今後は不動産も本業の百貨店と相乗効果を見込みやすい物件に注力する。

ニュースの最新記事

PAGE TOP