日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > 三越伊勢丹など、靴の足型、3D計測拡大、ZOZO、スマホで。

日経の紙面から

三越伊勢丹など、靴の足型、3D計測拡大、ZOZO、スマホで。

[ 2019年6月25日 / 日本経済新聞 朝刊 ]

 アパレルや百貨店が3D(3次元)を活用した靴の計測サービスに相次ぎ参入する。ZOZOは自宅でスマートフォンのカメラなどを使って足型を計測できるサービスを開始。三越伊勢丹は3D機器を使い、実店舗で計測するサービスを8月に本格導入する。ファッション業界でスーツやシャツで先行しているデジタル計測が、靴にも広がってきた。

 ZOZOは24日、3D計測が簡単にできる「ZOZOMAT(ゾゾマット)」の予約を専用サイトで始めた。まずZOZOが計測スーツ「ゾゾスーツ」に似たマットを利用者宅に配布。利用者はマットに足を乗せたうえでスマホの専用アプリを起動する。その後、両足の周囲を撮影すると、足の長さや幅などのデータがスマホに表示される。

 ZOZOは今後、マットを新聞やチラシなどに掲載するなどして、ネットで予約しなくても計測できるようにするという。今秋から発送を始め、試着しなくても自分の足型に合う靴を注文できるようにする。

 三越伊勢丹は8月、伊勢丹新宿本店(東京・新宿)の婦人靴売り場を刷新し、3D機器を使った計測サービスを導入する。足を機器に入れると、機器に内蔵したカメラ8台が数十秒で足の幅や長さなどを自動的に計測し、タブレット端末やパソコンに表示する。

 計測したデータから既製靴やオーダー靴を提案する。既製靴はパンプスを中心に1千種類、オーダー靴(2万3千円〜)は約1万2千通りを用意する。3D機器で計測の時間を短縮するほか、履き心地や靴の使用用途の相談に乗るなど、実店舗の強みを生かしたサービスを展開する。

 高島屋も2018年9月に日本橋店(東京・中央)の婦人靴売り場で3Dの計測器を導入した。センサーが10秒で足の形を計測し、288種類のサンプルから最も近い靴を選ぶ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP