日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > セブンペイ不正利用、被害補償へ対応開始。

日経の紙面から

セブンペイ不正利用、被害補償へ対応開始。

[ 2019年8月21日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)のスマートフォン決済サービス「セブンペイ」が不正利用された事件で、運営するセブン・ペイ(東京・千代田)は19日から、被害に遭った利用者への補償対応を始めた。特定の電話番号から手続きを案内する。同社は被害の全額を補償する方針を表明している。

 チャージ(入金)した残高を第三者に利用される被害に遭った利用者らが対象で、「7pay事務センター(0120・113・393)」から順次手続きを案内する。ほかの電話番号から電話があった場合、対応しないよう呼びかけている。 セブンペイは7月1日からサービスを始めたが、不正利用が発覚。9月30日でサービスを終了する予定。不正利用の被害は7月31日時点で808人計約3860万円に上る。被害に遭ったがまだ連絡していない利用者には、緊急ダイヤル(0120・192・044)へ連絡するよう呼びかけている。

ニュースの最新記事

PAGE TOP