日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > 靴修理の「ミスターミニット」、高額修理受注へ店舗再編、底張り替え・カバンに対応。

日経の紙面から

靴修理の「ミスターミニット」、高額修理受注へ店舗再編、底張り替え・カバンに対応。

[ 2009年1月9日 / 日経MJ(流通新聞) ]

提供内容で店名3分類

 靴修理チェーン「ミスターミニット」を運営するミニット・アジア・パシフィック(川崎市)は店舗網を再編する。提供するサービス内容に応じて店名を三つに分類し、看板や内装を変える。高価格帯の修理サービスを提供する店は白や茶色の外観で高級感を演出し、簡易靴修理チェーンという消費者イメージを払拭(ふっしょく)して高価格サービスの利用増につなげる。

 「ミスターミニット」で統一していた店名を、「ミスターミニット エクスプレス」「ミスターミニット」「シュー アンド バッグ リペアサロン バイ ミスターミニット」の三つに分ける。

 エクスプレスは婦人靴のヒールのゴムの付け替えやつま先部分の底の補強など簡単な修理に特化した店で、従来の青から赤を基調とした外観とする。一千―二千円台の低価格サービスを迅速に提供する店と位置づけ、主に駅構内に出店する。

 既存のミスターミニットの店名は靴やカバンのクリーニング、カバンの修理など三千―五千円台の高額修理を提供できる店に限って使う。百貨店内の店を中心に順次、従来の青から白を基調とした外観に改装して高級感を高める。

 リペアサロンは主要都市の百貨店などに展開する最高級店とする。靴の中底と甲革を細革で縫ってから本底と縫い合わせる「グッドイヤーウエルト製法」や、甲革と中底、本底を一緒に縫いつける「マッケイ製法」の高級紳士靴で靴底全体を張り替えるなどの複雑な修理に対応する。

 靴やカバンの修理需要は伸びており、ミスターミニットもこれまで高価格帯のサービス拡充でこうした需要を取り込もうとしてきた。ただ、店舗によって提供できるサービスに違いがあり、消費者には「ミスターミニットは合鍵複製か簡易修理の店というイメージが根強い」(ミニット・アジア・パシフィック)という。このためサービス内容の違いが消費者に分かるように店を分け、高級な修理サービスを提供する店では同サービスを前面に打ち出して利用を促す。

【表】ミスターミニットの店舗類型         

店 名   MISTER MINIT EXPRESS   MISTER MINIT   Shoe&Bag Repair Salon by MISTER MINIT

ミスターミニット エクスプレス   ミスターミニット   シュー アンド バッグ リペアサロン バイ ミスターミニット   

立地   駅構内   百貨店   主要都市の百貨店

主なサービス内容   ○婦人靴のヒールのゴム底交換〓(1250円〜)   ○靴クリーニング〓(3360円〜)   ○紳士革靴の靴底全体の張り替え(「グッドイヤーウエルト製法」の靴で1万8900円〜)

○婦人靴のつま先部分の底補強〓(2310円〜)   ○カバンクリーニング〓(5880円〜)      

ニュースの最新記事

PAGE TOP