日経メッセ > JAPAN SHOP > ニュース > イオン北海道、札幌に小型スーパー、「まいばすけっと」地方で初。

日経の紙面から

イオン北海道、札幌に小型スーパー、「まいばすけっと」地方で初。

[ 2011年9月11日 / 日経MJ(流通新聞) ]

 イオン北海道は札幌市でコンビニエンスストアと同規模の小型食品スーパー「まいばすけっと」の出店を始める。2011年度中に1号店を出し、14年度までに100店を目指す。イオンはまいばすけっとを首都圏で約220店運営しているが、地方は初めて。都市部への人口流入に対応し、他の地方中核都市にも進出する可能性がある。

 札幌市の1号店は中央区に出す。売り場面積150〜300平方メートルで生鮮を含む食品や日用品など2000〜3000品目を扱う。メーカー品より1〜3割安いプライベートブランド(PB=自主企画)を軸に、食品スーパーと同じ低価格でコンビニとの違いを出す。

 商店の退店跡などに低コストで出店する。1店当たりの売上高は約2億円を見込み、14年度までに同事業で約200億円を目指す。

 一方、近くに商店のない過疎地を含む地方部向けには、午前9時までにインターネット経由で受注すると当日中に道内ほぼ全域に商品を届けるサービスも導入する。各地域の拠点となる店から宅配業者が配送。11月までに道内人口の約9割をカバーする体制を整える。

ニュースの最新記事

PAGE TOP