日経メッセ > LED NEXT STAGE > ニュース > パナソニック、正方形のLED照明、光、均一に水平・垂直。

日経の紙面から

パナソニック、正方形のLED照明、光、均一に水平・垂直。

[ 2017年5月17日 / 日経産業新聞 ]

 パナソニックは16日、店舗やオフィスなどの天井に設置する正方形型の発光ダイオード(LED)照明=写真=を7月に発売すると発表した。細長い3本の光源を1組にしていた従来型に対し、光源そのものを正方形にしたことで水平、垂直の両方向へ均一に光を広げられる。形状も表面の凹凸がなくなり、空間になじみやすくなった。

 「スクエアシリーズ」に188品目を加える。店頭想定価格は税別3万2800円〜6万6500円。これまで形状や明るさ、色に応じて別々に設計していた枠組みを共通化した。より自由に明るさや色を設定できるようになったほか、改装時にも楽に照明を入れ替えられる。

 同じ大きさの蛍光灯器具に比べて約58%の省エネが実現できる。2年弱で初期投資と電気代を合わせた総費用が蛍光灯と同等になる。施設の新設や改築にあわせてLED照明の普及が進むなかで、デザインの優位性や利便性を訴えて、蛍光灯からの交換需要を取り込む狙いだ。

ニュースの最新記事

PAGE TOP