日経メッセ > LED NEXT STAGE > ニュース > 窓際は遮光、明るさ奥まで、大成建設が新型ブラインド、オフィスの省エネに。

日経の紙面から

窓際は遮光、明るさ奥まで、大成建設が新型ブラインド、オフィスの省エネに。

[ 2017年8月31日 / 日経産業新聞 ]

 大成建設は採光と遮光が同時にできるブラインドを開発した。ブラインドの下の部分で光を遮りながら、上部に設けた採光部から太陽光を取り入れる。独自開発の部材を使うことで、窓際のまぶしさを防ぎながら室内の奥まで自然な光を届ける。室内照明を抑えられるため省エネルギーにもつながるといい、自社開発のオフィスビルなどに導入する。

 開発した「T―Light Blind」は人の目線より少し高い位置で2つに分割されており、上部が採光部、下部は通常のブラインドになっている。天井高が2・8メートルの一般的なオフィスの場合、床面から2メートルの位置に採光部との境を置くと、窓から15メートル離れた奥まで光が届く。

 採光部に使うスラットと呼ぶ羽の表面には鏡面材を蒸着しており、裏面はつや消し材を活用する。裏面にあたった太陽光は反射が弱まるため、人の目線より低い位置には強く照射しない。一方で表面にあたった光は天井方向に反射し、部屋の奥側まで届く。

 取り入れる太陽光の量を増やすために、採光部の羽の枚数は通常のブラインドの2倍にした。羽の角度を変えなくても太陽の高度変化に対応できるという。同社は羽の形状などについて特許も申請中だ。

 通常のブラインドと同様に窓面に設置するだけでよく、特別な工事も必要ない。手動で簡単に開閉できるうえ、採光部の隙間からは外の景色を眺めることが可能で視界を遮らないという。採光部と通常のブラインド部分の清掃も容易になっている。

 一般的なブラインドを下ろすと、部屋の奥の方は暗くなり、晴れていても照明を点灯するケースが多い。開放感がないうえエネルギー使用量も多くなる。自然光を取り入れると照明エネルギーの削減につながるほか、開放感や快適性が増すという。

 価格は未定だが、オフィスビルなどに使われる標準的な電動ブラインドの半分程度になる見通し。新築だけでなくリニューアル工事でも設置できる。

 2017年度中に自社開発の3つのオフィスビルで新開発のブラインドを導入する予定だ。病院や学校などでも需要があるとみており、自社物件で普及を進めたうえで、将来的には外販も検討していく。

(岩野孝祐)

ニュースの最新記事

PAGE TOP